ecrito.fever.jp
奇想を通して紡がれるサンプリングミュージックのポテンシャルと限界――マシュー・ハーバート『音楽:音による小説』(連載「音楽批評のアルシーヴ海外編」)
Matthew Herbert, The Music: A Novel Through Sound (5 April 2018, Unbound) Matthew Herbertは90年代からDoctor RockitやHerbertなどの名義で活動をつづけるエレクトロニック・ミュージック界の奇才である。アルバムごとに使うサンプルのソースに特定のテーマを設けたコンセプチュアルな作風や、オーケストラやビッグバンドを従えたいささか奇抜なライヴパフォーマンスは、彼をある種のマッドサイエンティストのように見せる。しかし、その活動は単に奇抜であったり他の実践から異質であるばかりではなく、サンプリングという手法に対する高度な批評たりえている。 そんなHerbertが発表した「アルバム」が、この小説、"The Music: A Novel Through Sound"だ。奇抜な、いわばノヴェルティ的な作品ではないかという予感は半分当たっていて、想像通りというか、物語が読者をよろこばせるような類のものでは決してない。ただひたすらに、奇想に満ちたサウンドが言葉を通して記述され、前書きによれば全部でおおよそ1時間に及ぶとされる「アルバム」をかたちづくっている。とはいえ、小説と呼ぶにも、あるいは音楽と呼ぶにも似つかわしそうもないこの長大な「文字によるアルバム」――副題は「音による小説」と名乗ってはいるのだが――は、単なるアーティスティックな気まぐれの産物などではない。サンプリングという手法、ひいてはそれによってかたちづくられる音楽に対するステイトメントのごとく読むことも充分に可能だ。 「P.C.C.O.M.」と録音芸術の限界 2000年にHerbertが発表したマニフェスト「P.C.C.O.M.(=PERSONAL CONTRACT FOR THE COMPOSITION OF MUSIC)」は、サンプリングを含む現代的な楽曲制作に、いささか不条理なまでの厳しい制約を課すものだった。サンプルであれプリセット音源であれ、自分がつくりだした以外のあらゆるサウンドの使用は堅く禁じられる等々、マゾヒスティックでさえある「縛りプレイ」が以降の彼の活動の中核に据えられることになる。加えて、その制約は2005年の「P.C.C.O.M. Turbo