ecrito.fever.jp
片山慎三インタビュー(『岬の兄妹』):連載「新時代の映像作家たち」
片山慎三の初の長編劇映画となる、『岬の兄妹』が3月1日(金)より全国で公開が開始された。これまでBSスカパーで放送された「アカギ」第7話(2015)や、ショートムービーアニメーション『ニンゲン、シッカク』(2017)といった監督作品はあるものの、片山は本作の発表によって、いちやく日本映画の最前線に切り込むこととなる。足に障害を抱える兄・良夫が生活苦から、自閉症の妹・真理子に売春をさせる過程を描いた本作は、障碍、貧困、性、犯罪など、いくつもの社会的なテーマが折り重なりながらも、むしろ今村昌平の「重喜劇」を思わせる、重々しさの中にも独自のユーモアの光る作品となっている。かつて片山が師事したポン・ジュノは、本作について「多くの論争を巻き起こす見事な傑作」と賛辞を述べた。圧倒的なコミカルさを持った数々のセリフや、俳優の持つ固有の身体性を見事に作品に昇華させた、その演出の背景には何があったのか。映像との出会いから、片山監督が現代の日本映画に感じる問題点まで、今回お話をうかがった。 (取材・構成 若林良、山下研) 『岬の兄妹』(C)SHINZO KATAYAMA ポン・ジュノとの出会いと影響 ――最初に片山監督の経歴からお伺いさせてください。HPに記載されているプロフィールには、ポン・ジュノ監督や山下敦弘監督の助監督を務めてきたと書かれています。この世界に入った当時のお話から聞いてもいいでしょうか。 片山慎三(以下、片山) たしか21歳のとき、廣木隆一さんが監督したBS-iのドラマ『アイノウタ』が最初に入った現場で、僕は制作部でした。そこから助監督を21歳とか22歳の頃からやっていくようになりました。 ポン・ジュノ監督と知り合ったのは、26歳の頃だったはずです。『TOKYO!』(2008年のオムニバス作品。ポン・ジュノは『シェイキング東京』を監督)で、人づてに助監督のお話をもらったんですね。その後に『母なる証明』(2009年)を韓国で撮るという話を聞いて。それで「勉強させてください」と言って、向こうで助監督をやりました。 ――向こうの現場で、日本人スタッフは片山さんだけでしたか。 片山 そうですね、僕だけでした。 ――『TOKYO!』で仕事をする以前から、片山さんはポン・ジュノ組での仕事をしたいと考えていたんでしょうか。