ecrito.fever.jp
記号的身体の健康と美味について ―『東京喰種』論―
「食べる」ことの美的感覚 「食べる」ことについて考えれば考えるほど、深い沼の中にはまっていくような気がする。 「食べる」という営みが一種の関数であるとするならば、それは生理、嗜好、環境、その他あらゆる変数によって規定され、その係数もまた個体や集団によって異なる。「食べる」とはつまりこういうことである、などと安易に記述することすらおこがましい。 一方で「食べる」ことの本質は、ときに我々の予想もつかないようなところに発露する。 どういうわけか、近年の青少年マンガにはヒトを食う話、ヒトが食われる話が多い。『進撃の巨人』、『約束のネバーランド』、『食糧人類』――いずれもヒトが被食種であるという設定が、バトルやストーリーを駆動する漫画だ。とりわけその設定が前景化しているのは、ヒトと「喰種」が食べたり食べられたりしながら戦う『東京喰種』である。 「喰種」とは、ヒトそっくりのヒト喰い種である。生物学的にはほとんどヒトだが、ヒトを食べるか、共喰いすることでしか栄養を摂取できない。戦闘と捕食のための器官「赫子(かぐね)」と高い再生能力をもつ彼等は、人間社会に紛れ込んで暮らし、時々ヒトを襲って食べながら生きている。主人公のヒトの少年、金木研は、喰種界の陰謀に巻き込まれて「赫子」を移植された結果、自らも喰種となってしまう。アイデンティティはヒトでありながら、ヒトの捕食種として生きる葛藤が、序盤の展開の駆動力となっている。 ヒトが喰われる話自体は珍しくもないし、そのような想像力によってヒトが「食べる」=「殺す」ことの是非をも問い直す、というのもむしろ使い古されたモチーフだ。日本であれば必ず、宮沢賢治の名前が挙がる。弱い生き物を食べて生きながらえることの罪悪感に嘆く「よだかの星」、熊を狩って生きる猟師が最後は熊に殺される「なめとこ山の熊」、食べるつもりが気づけば食べられる側に回っていた「注文の多い料理店」――。『東京喰種』をはじめとしたマンガたちが、この問いの延長上にあること自体は間違いない。 しかし、ほんとうに重要なのはおそらくそこではない。見逃してはならないのは、これらのマンガにおいてはしばしば、被食種としてのヒトが「美味しい」か否かという、いわば食の美的感覚への言及がなされる点である。