ecrito.fever.jp
「ワールドミュージック2.0」、及びその前線としてのダンスフロアをフィールドワークする――ジェイス・クレイトン『アップルート――21世紀の音楽をめぐる旅』評(連載「音楽批評のアルシーヴ海外編」)
Jace Clayton "Uproot: Travels in 21st-Century Music and Digital Culture"(FSG Originals, 2016年) インターネット以後の「ワールドミュージック」をまなざすDJの視線 ひろく西洋音楽の文脈から外れた周縁あるいは辺境の音楽文化を包括する「ワールドミュージック」なる概念は、欧米中心の音楽市場の要請によって80年代に一般化したものである。もちろん世界各地のローカルな音楽文化が西洋の主流の音楽に影響を与えるという現象は、19世紀末から顕在化した現象ではあった。たとえば1889年のパリ万国博覧会がドビュッシーやラヴェルといった作曲家と東洋音楽との出会いを準備したことは象徴的な逸話だ。そこからおよそ一世紀を経て、アメリカでのレコードの発明と普及に端を発しグローバルな規模に至ったポップミュージックの市場が、万博のように文化混交の場として機能するようになり、20世紀末には欧米のリスナーにとっての文化的他者そのものが「ワールドミュージック」の名のもとに商品化されるようになった。 こうした「ワールドミュージック」の概念やその実態は民族音楽学から音楽社会学、カルチュラル・スタディーズといった多様なディシプリンにおいて吟味されてきた。およそ30年にもわたるその蓄積は、「ワールドミュージック」という言葉の周辺で起こる現象をナイーヴに言祝ぐことも逆に単純に批判することも避け、よりダイナミックで繊細な文化の生成のプロセスとして理解することを促す。とはいえ、ここ数年ひんぱんに耳にするようになった「文化的盗用(cultural appropriation)」行為に対する厳しい批判の声は、異文化間の情報のレベルでの交流とフィジカルなレベルでの断絶・対立がともに加速し引き裂かれ続けているインターネット以降の世界において、依然として「ワールドミュージック」がプロブレマティックな概念=現象であることを告げてもいる。 DJ /Ruptureのステージネームで活動し、欧米のアンダーグラウンドなダンスミュージック・シーンを中心に高い評価を受けているジェイス・クレイトンが著した『アップルート――21世紀の音楽とデジタル文化をめぐる旅(Uproot: Travels in 21st