ecrito.fever.jp
Interview:チャーリー・ルッカー「NYアンダーグラウンドの叡知とその展開ーーブルックリンDIY・メリスマ歌唱・反ファシズム」
聞き手・翻訳・構成/大西常雨 2018年5月10日 West Village, NYC 生粋のニューヨーク育ちで、実験的ギタリストとして出発しつつ、言葉と声をその表現手段として獲得し、極めて独自の立ち位置にいる音楽家チャーリー・ルッカー――。ユダヤ系の家庭に生まれたからこそできるのかもしれない、固定化した歴史観の能動的相対化、そしてハイコンテクストな表現手段を生み出す知性。80、90年代NYダウンタウンの音楽背景と人脈を得ながら、2000年代ブルックリンのDIYシーンを代表とするバンドZsを始め、さらには中世、ルネッサンス音楽の歌唱法からヒントを得てExtra Lifeを率いた。ソロデビューの新作では、歌い手として社会的な潮流を――そこにも自他に対する批評的な相対化があるのだが――扱うことになる。参照項を拡張して新たな視座を持ち、実際の創作に応用し、絶えず自己のスタイルを変革していくこと。そこにはジャンルを問わず、多くのクリエイターの参考になるものがあるだろう。 チャーリー・ルッカーの音楽背景 ――まず、これまでどのような音楽を聴いてきたのでしょう? チャーリー・ルッカー(以下CL) 僕にとっての初恋は11、12歳のとき、SlayerやMegadethだった。そして、すぐによりエクストリームなメタル、Morbid Angel、Napalm Death、Earache Recordsなどの90年代のまたデスメタル、グラインドコアとかその類のものを聴いていた。同時にまた普通のパンク、当時流行っていた少し保守的な音楽である、メインストリームのロックやオルタナティヴロックのメインストリームよりのものを聴いていたね。 ――インディーロック的なものもまた聴いていたのでしょうか? CL 僕の聴いてきたものには常にメロディ的な要素もあって、ネオロマンティックとか、ポストパンク、ゴス、ニューウェーヴなどを聴いていた。そしてデスメタルや現代音楽の作曲技法の中に、技術的にヤバくて奇妙なものweirdoを発見していくプロセスもあった。高校時代はまだ歌を歌ってないときで、ギターを使って、ジャズや現代音楽、フリーインプロ、ノイズ、インダストリアルなどで、難解であり抽象的なものに一挙にのめり込んだ。そして、20代になってZsを始めることになる。 ――10代の時にKnitting