ecrito.fever.jp
【EVENT】伊藤弘了×後藤護×數藤友亮×山下研 「『ニコラス・ウィンディング・レフンーー拡張するノワール特集』を拡張する」 『ヱクリヲ8』刊行記念
……今、世界で最も注目すべき映画監督であるニコラス・ウィンディング・レフン。 本邦初の大特集を組んだ批評誌『ヱクリヲ』8号での執筆陣を迎えて、「N・W・レフン――拡張するノワール」特集を、さらにB&Bで大拡張します! 『オンリー・ゴッド』で明確になる、レフン作品と「不能」の関係について。 あるいは、『ドライヴ』から連なるサイボーグ・ノワールの系譜について。 出世作『プッシャー』三部作の真価とは何なのか。 レフンがその影響を公言する、鈴木清順との共通/相違点はどこにあるのか。 はたまた、『フィアー・エックス』で予告されていた「レフン的空間」とはどこなのか? 『ブロンソン』はそのフィルモグラフィのなかで、いかなる位置づけにあるのか。 そしてティザーが公開された、Amazonドラマでの新作『Too Old to Die Young』まで語り尽くします! ニコラス・ウィンディング・レフン本人へのメールインタビュー、博覧強記のノワール批評家・滝本誠さんインタビューから各論稿まで、『ヱクリヲ8』レフン特集のポテンシャルをさらに拡張していきます。レフンを語り尽くす一夜がここに! 【出演者プロフィール】 伊藤弘了(いとう・ひろのり) 1988年生まれ。愛知県豊橋市出身。慶應義塾大学法学部法律学科卒。京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程在籍中。「國民的アイドルの創生――AKB48にみるファシスト美学の今日的あらわれ」(『neoneo』6号)で「映画評論大賞2015」受賞。『ユリイカ』(青土社)に志村貴子論「愛に似て残酷な漫画」(2017年11月臨時増刊号)、ソフィア・コッポラ主要作品解題(2018年3月号)を寄稿。 後藤護(ごとう・まもる)