ecrito.fever.jp
欅坂46のトリレンマ² ――分析哲学で平手友梨奈を擁護する
トリレンマ【trilemma】 ① 三つの選言肢をもつものをいう。三刀論法 ②三者択一を迫られて窮地に追い込まれること 1.第一の三角形=トリレンマ 「努力は必ず報われる」という命題から本論を始めよう。 AKB48の初期メンバーでありグループの「総監督」というポジションでAKB48を牽引し続けた高橋みなみは、シングル曲の選抜メンバーをファン投票で選ぶ「シングル選抜総選挙」におけるスピーチで「努力は必ず報われる」という言葉を繰り返した。その発言の嘘くささを揶揄・批判されることも多かったが、グループから卒業するまで「努力は必ず報われる」という言葉を撤回することはなかった。 「努力は必ず報われる」という文はどのような命題であろうか。それは「努力する」という原因から「報われる」という結果が必然的にもたらされるという信念であろう。なかなかメディアで注目を浴びることがないメンバーでも、劇場公演で良いパフォーマンスを続け握手会で「神対応」をし続ければ、いつかはシングル曲の選抜メンバーに選ばれると信じ続けること。これは「窓ガラスに鉄球がぶつかれば必ずガラスが割れる」といった様にある原因が必ず同じ結果を引き起こすという信念であり、分析哲学で「因果的決定論」と呼ばれているものである。 なぜ高橋みなみは「努力は必ず報われる」という因果的決定論を信じ続けなければならなかったのだろうか? 哲学史においては因果的決定論と自由について、様々な哲学者が様々な角度から論じてきた長い歴史がある。「もしもある瞬間における全ての物質の位置と力学的状態を知ることができれば未来が完全に予測可能である」とする「ラプラスの悪魔」はその代表であり、現在でも分析哲学の主要なテーマとなっている。「ラプラスの悪魔」のような因果的決定論が支配する世界において、人間の自由意思は存在するのであろうか?人間が自由意志に基づいて行ったと信じている行為は、実は世界が始まった瞬間に物理的に決定されていたのではないか? ここでは「因果律」と「宿命論」に独自の論理を展開したイギリスの分析哲学者であるマイケル・ダメット『過去を変える』を参照しよう。分析哲学ではあまりにも有名な「酋長の祈り」の議論である。ダメットの問いは次のようなものだ。