ecrito.fever.jp
ウォルター・ヒルはいかにして「ジェンダー表現」を更新したか?――『レディ・ガイ』レビュー
 ジェームズ・キャメロン監督『アバター』(2009年)で気風のいいヘリ・パイロットを演じたミシェル・ロドリゲスが今度は性転換で女性になった殺し屋を演じ、シガニー・ウィーバー演じるマッド・サイエンティストと対決すると聞けば、アクション贔屓の映画ファンの興味を引くには充分の題材だろう。しかも監督は『ザ・ドライバー』(1978年)や『ウォーリーアーズ』(1979年)で男性同士のホモソーシャルコミュニティの美学を描いたウォルター・ヒルだ。しかし『レディ・ガイ』(2017年、ウォルター・ヒル監督)という作品は、その期待を見事に裏切ってみせる。だからといって、これは作品に対するネガティブな評価では決してない。この裏切りは、本作が「性」に対してとる態度が極めてラディカルである証拠だ。本作は、「性」とはあくまで社会的な役割に過ぎないということを突き詰め、男性/女性という二項対立への固定観念を正面から笑い飛ばす。では、それはどのように描かれるのか。ウィーバー演じるDr.レイチェル・ジェーンという人物の描写を通して分析してみよう。 映画は2つの時間軸の中で進行する。1つ目、容疑者たちを収容する精神病院で両手を塞ぐ拘束着に身を包んだ元整形外科医、Dr.レイチェル・ジェーンは無認可での医療行為の罪に問われている。また、彼女は6人の男の他殺遺体とともに廃墟の中で傷だらけの状態で見つかったため、事件の重要参考人として精神科医から事情聴取を受けている。彼女は事件の首謀者がフランク・キッチンという殺し屋だと精神科医に話す。3年前に彼女の最愛の弟をギャングの依頼で殺したこの殺し屋に報復するため、彼女はキッチンを拘束し、自らの手で女性に性転換させたと話す。精神科医はキッチンがジェーン医師の妄想なのではないかと疑っている。