ecrito.fever.jp
ストゥージズ・ルネサンス——ジム・ジャームッシュ『ギミー・デンジャー』レビュー
 もし「ジャームッシュ映画」というカテゴリーがあるならば、この映画は良い意味で、その裾野を広げたことになるだろう。2017年9月に日本公開を控えているこの映画は、伝説的ロックバンド・ストゥージズのドキュメンタリーである(フロントマンのイギー・ポップの伝記映画ではないことは留意すべきだ)。3rdアルバム『ロー・パワー』に収録された名曲をタイトルに冠したこの作品で興味深いのは、ストゥージズを語るにあたって、まず解散寸前のボロボロになったメンバーの証言から始まるという点だ。一般にストゥージズはこれまで、「真面目に」捉えられてこなかった。「狂人」イギー・ポップ率いる変態的バンドとして、メディアは彼らを音楽的に評価しなかったのだ。裸でガラスの上をのたうち回り、ピーナッツバターを塗りたくり客席にダイブするというスキャンダラス性のみが、今でもストゥージズを取り上げるにあたってのクリシェである。ジャームッシュは冒頭に、一文無しの状態で解散したメンバーの悲痛な告白を置くことで、ストゥージズを「無理解にさらされた不運な悲劇的ロックバンド」として位置付ける。そして監督は、この映画をストゥージズへの「頌歌」として、紋切り型のスキャンダリズムを一掃するとともに、ストゥージズの音楽的な再評価という意図を明確に伝えている。 さて、監督はストゥージズを「過去最高のロックンロールバンド」と評価し憚らないが、どのような点においてなのか。それは「白人による白人のための」音楽を志向し「自らの音を作り出した」ということにあると、映画から読み取れるだろう。ここでイギーがブルースに憧れ、赴いたブルースの聖地シカゴでの体験を振り返るシーンが重要となる。「俺はある日、でかいマリファナを川辺で吸いながら気づいたんだ、俺は黒人じゃないってな。それで俺は俺の世代のために音楽をやろう、俺が好きな黒人ミュージシャンが黒人のためにやったようにな」と語るイギーの音楽志向が、ストゥージズの独特な音に反映されたのは明らかだ。またバンドメンバー各々が現代音楽家ハリー・パーチの影響を受け、自作の楽器やアンプの改造で全く新しい彼らの「音」を作り出した点も大きい(1stに収録されている"We Will