ecrito.fever.jp
ブンミおじさんの「どこにもない」森——アピチャッポン作品へ深く分け入るために
…私はアクティビストでもないし、政治的な映像作家でもありません。東北タイでどういったことが起こったかについては多くの研究者が記述しているので、私は同じ方法を取らないだけです。私が試みているのは「感覚(feeling)」そのものをとらえることです。それは「個人的な」経験の感覚をどうにか記憶したいという気持ちがあるからなのです 。 ——アピチャッポン・ウィーラセタクン*1 タイの映像作家アピチャッポン・ウィーラセタクンの諸作品において、私たちは「森」のざわめきをどれほど感じ取ってきただろうか。彼とアーティストのチャイ・シリによるトークショーで司会を務めたアソシエイトキュレーターの徳山拓一は、ふと次のように語った。SCAI THE BATHHOUSEにて開催中のアピチャッポンの個展「メモリア」で舞台となるコロンビアの「森」が、タイの「森」に見えてしまうのだと。トークショーの内容にとっては些細な指摘だったが、私にとってはきわめて興味深いものだった。というのも、わたしたちはこれまでアピチャッポンが映しだす「森」が東北タイのものだとある種疑いなく認識してきたからである。アピチャッポンが個人的な世界観を構築してきたはずの「森」には、こうした特殊な状況が取り憑いている。彼はおそらく「東北タイ」を背負いすぎ、そして背負わされすぎたのである。 そうした問題意識でアピチャッポン作品を眺めたとき、『ブンミおじさんの森』(Uncle Boonmee Who Can Recall His Past Lives, 2010)【図1】の「森」は変容して見えるのではないか。 【図1】 『ブンミおじさんの森』(以下『ブンミ』)は、死期を感じとったブンミとその親戚の叔母ジェンたちのまわりに、猿の精霊(ブンミの息子ブンソン)と亡き妻フエイの亡霊が集まってくる。ブンミは「森」の奥深くにある洞窟で前世の凄惨な記憶を想起しながら、「ブンミ」としての人生を反省し、そのまま息をひきとる。本作品における生者は、精霊や死者とともに「森」をかきわけて進んでいく。「森」のなかでブンミたちは、東北タイ・イサーンの歴史的記憶に折りたたまれた精霊や死者の「重さ」にふれる。「森」がブンミたちにたしかにそうさせるのである。