ecrito.fever.jp
塗りつぶされた「抵抗」の肖像――アンジェイ・ワイダ『残像』レビュー
 アンジェイ・ワイダは「抵抗」の作家である。 これまでワイダを語る誰もが、それ以上の何かを言ったことはなかった。 あらためて考えてみよう。では、この作家はいったい何に「抵抗」していたというのか? 通説によれば、それはイデオロギーである。たしかにアンジェイ・ワイダは、終生ポーランドにおける全体主義権力による抑圧とそれに対峙する人々を描きつづけ、自らもまた体制との衝突を恐れなかった。 ワイダの出世作である「抵抗」三部作――『世代』(1955年)『地下水道』(1957年)『灰とダイヤモンド』(1958年)――は、ナチス占領下のポーランドでの国軍による武装蜂起(ワルシャワ蜂起)を枢要な主題としている。『大理石の男』(1977年)はスターリン主義政治のなか、党により「労働英雄」に仕立て上げられた青年の虚偽を暴く筋立てであり、続編たる『鉄の男』(1981年)は、公開前年に結成された労働者組合「連帯」による反共運動の物となっている。近年ではWWⅡ末期におけるソ連軍によるポーランド亡命政府系将校の虐殺をあつかった『カティンの森』(2007年)も記憶に新しい(ワイダはこの事件で実の父を亡くした過去を持つ)。 全体主義イデオロギーとの戦いを描きつづけてきたワイダは、まさしく「抵抗」の作家と呼ぶにふさわしいではないか。じっさい、昨年逝去したワイダが残した遺作『残像』(2016年、原題 Powidoki)にも、この「抵抗」の主題は通底している。同作のプロットをみてみよう。 第二次世界大戦後、ポーランドはソヴィエト連邦の影響下におかれることになる。全体主義体制に脅かされながらも、前衛画家ヴワディスワフ・ストゥシェミンスキは創作活動と教え子の指導に打ち込んでいく。しかし、芸術を政治に利用しようとする社会的リアリズム(スターリン様式)を強要するポーランド政府に真っ向から対立したため、ストゥシェミンスキは芸術家としての尊厳や名声を踏みにじられていく。しかし、この画家はいかなる境遇に追い込まれても、芸術に希望を失うことはなかった――。*1 共産主義体制による検閲といった抑圧への「抵抗」というワイダ的主題は、遺作たる『残像』にも看取することができる。人々が期待するように、この巨匠は最期まで「抵抗」の作家であり続けたといっていい。