ecrito.fever.jp
増幅する/させるデヴィッド・ボウイ ~野中モモ『デヴィッド・ボウイ —変幻するカルト・スター』書評~
 2017年1月に出版された、野中モモによる『デヴィッド・ボウイ —変幻するカルト・スター』は簡潔な筆致で、デヴィッド・ボウイにまつわる「出来事」を析出させています。ともすれば「わたしとデヴィッド・ボウイ」というような内容を招来してしまうアーティストであるボウイを、ここまで正確かつ冷静に批評した本書は、彼を題材にしたあらゆる本の中でも白眉ではないでしょうか。そして、その沈着とした文体から正反対の「熱さ」やボウイのチャーミングさをも、ともに感じ取られる点に改めて、人の心情を「増幅」させてやまないデヴィッド・ボウイという人間自体の魅力を再認識させられます。 著者はこの本で「ボウイの多彩な作品と生涯を紹介し、その全体像の輪郭を浮かび上がらせること」と同時に「ボウイの歩みと彼がいた時代を一つの流れとして描き出」(p15)そうとしていますが、その目的は高度な次元で達成されています。つまり著者はアーティスト、デヴィッド・ボウイの生み出した作品自体の解説やそのキャリアを丁寧に追うとともに、彼がアーティストとして活躍した1960年代から2010年代という「時代」の中で生きた彼の肖像をも、同時に詳らかにしているのです。よってこの書評では、その巧みな形式に沿って、はじめにデヴィッド・ボウイを、「変幻」し、自らを「増幅」/「増殖」させ続けたアーティストであるという視点から探ります。次に、20世紀末から21世紀初頭という激動の世代を生きたアーティストとして、「時代」とどのようにボウイが関わってきたか、「増幅」というキーワードを用いて明らかにしていきたいと思います。