ecrito.fever.jp
イコン写真家――篠山紀信考
 篠山紀信が好きだ🌺。キシンといえば、『オレレ・オララ』と『決闘写真論』である。古い作品ばかりでは、キシンが苦虫をかみつぶすので『KISHIN meets ART』(彫刻の森美術館)を挙げておく。最新作といってよいこのカタログは相当にふるっていて、彫像のグラビア写真が載っている。キシンお得意のペラペラな週刊誌みたいな紙で綴じられているから、このような言い方ができる。かっこいい。これだけで、女性のヌードと彫像を等価に扱う、キシンのまなざしの異端さが伝わると思う。 キシンは中平卓馬が唯一、彼の写真論に沿って認めた日本人写真家だから、皆もその文脈でキシンを愛好していると思う。あるいは芸能人お抱え写真家として、彼のナマエを知っているかもしれない。それで全く構わない。シノヤマキシンという人は、アイドルも彫像も建築もディズニーランドなどの空間も、全て同じまなざしで撮る。一時期、東京にあふれる写真の8割は彼のものだったそうだ。シノヤマキシンがデフォルトであること。彼の写真に囲まれて日常生活を送る私たちは、恐ろしく恵まれている。それで、いつかキシンがいなくなって気づく。その見慣れた写真がいかに特別で、誰一人、彼に替われる目など持ち得なかったということを。 「キシンの写真は語られにくい」という語られ方がある。キシン関連の寄稿を読むと、皆それぞれにその語られにくさについて語っているが、私は次のことが理由と思う。 ・キシンが自分で語りすぎる ・キシンの写真でなく、被写体について語らされる罠がある ・中平卓馬の語り方に満足した キシンは自分の写真について、よく喋る。先日横浜で巡回を終えた「篠山紀信展 写真力」は2012年に熊本から始まったのだが、同年『芸術新潮 10月号』で組まれたキシン特集で、彼は展示の全ブースについて自らの言葉で解説している。使用したカメラの特性やそれによる効果まで話してくれるので、非常に勉強になる。キシンが喋っているからまあいいか、と批評家は「自分が書かねば誰が書く」という執筆欲を和らげるのでないか。