ecrito.fever.jp
ランドスケープとしての写真展――「トーマス・ルフ」、「ロスト・ヒューマン」展から
 トーマス・ルフの展示に行くと、「写真を見る」のでなく、「見る写真」に立ち会うという現象に出くわす。彼の作品は、写真のメディア性について言及するものばかりなので、トーマス・ルフという作家が、写真をどのように捉えているか、そのアイデアに美術館で遭遇するといった感じだ。その視点は理に叶っていて、そう品も悪くなく、普遍的な写真の捉え方でもあるから、特に異論を唱えたくなる人はいないだろう。まあだからちょっと、物足りない印象を受ける人もいると思う。学生時代にゼミの課題で取り組んだ、アッジェ風の景色をアッジェ風に撮るとアッジェ風の印象が現れたという『Interieurs(室内)』に始まり、どれもこれも習作めいていて、コンセプトの視覚化といった面持ちがある。かといって、写真史をプログラミングした人工知能による作品とまではいかないバランス感覚があって、彼は写真というメディアのデザイナーのようである。だから、ルフと同じく写真のメディア性にこだわりながら、その行き過ぎた偏愛が写真家個人の斜視として作品に焼きこまれていった70年代の日本人写真家の「アク」を愛する人たちは、ルフの写真に拍手喝采といかず彼の作品をじっと見るに留まるだろう。言いたいことは分かるけど、ねと。 私はというと、正直彼の展示に救われた。ルフ展に行く2日前、杉本博司の展示に行ったばかりだったし😔〔*1〕、そのほかもう、何度目と数えることもなくなった写真をめぐる絶望を繰り返したタイミングでもあったから。