ecrito.fever.jp
愛と死と芸術の物語(後編)––– リヒャルト・シュトラウス『ナクソス島のアリアドネ』
 『トリスタンとイゾルデ』のおよそ60年後に作曲され、ワーグナーには見られない軽妙さを備えたリヒャルト・シュトラウスの『ナクソス島のアリアドネ』(以下『アリアドネ』)は、ややいびつな構成をしている。2部からなるこの作品、前半は「プロローグ」、後半は「オペラ」と呼ばれ、後半は前半の劇中劇なのだ。舞台はある金持ちの邸宅、その晩の催しに出演する2つのグループの音楽家が楽屋で、どちらが先に演奏するか言い争っている。ひとつは「作曲家」がこの日のために用意したシリアスなオペラ「ナクソス島のアリアドネ」を担当する、崇高な芸術の信奉者のグループ。もうひとつはツェルビネッタ率いる、まじめな芸術などくそ喰らえの、喜劇役者のグループ。この2つの派閥の言い争いは、時間の短縮のため喜劇とオペラを同時に上演するようにという執事長の命令によってさらに紛糾することになる。 悲劇と喜劇、高貴なものと卑俗なもの、芸術と演芸、理想と現実、こうした両極端をどのように結び合せるかが『アリアドネ』の主題であり得ることを、東京二期会が上演したカロリーネ・グルーバーによる演出(2016年11月26日、日生劇場)は、黙役の天使(プログラムの表記による)によって示した。グルーバーの舞台では、白い腰布をまとい背中に羽をつけ弓矢を持った少年(小島幸士)が、プロローグ中舞台上をうろついている。天使は古来、「天上と地上、眼に見えないものと見えるもの、精神的なものと物質的なもの」を「つなぐ役割」を果たす存在である(岡田温司『天使とは何か』中公新書、2016年、p.22)。グルーバー演出においてこの天使は、作曲家が代表するオペラ・セリアの世界と、ツェルビネッタが代表するオペラ・ブッファの世界を繋ぐというテーマを示しているようだ。