ecrito.fever.jp
実録・モリッシー日本ツアー参戦記
 80年代、シンセサイザーサウンドが全盛の頃、イギリスの荒くれた港湾都市・マンチェスター出身のインディーズバンドが、シンプルなギターサウンドで音楽シーンに衝撃を与えた。ザ・スミス。多くの人間にとって、その名前は神聖ささえ帯びている。 ザ・スミスとはどのようなバンドか。人口に膾炙した一般的なことを書こう、つまりザ・スミスはサッチャー政権下の不況に喘ぐ若者の「代弁者」であったと。<僕はまだ病気なのかな>("Still Ill")や<僕も人間だ、愛されることが必要なんだ>("How Soon Is Now")などの歌詞は、金科玉条のごとく多くのファンの心に刻まれている。その歌詞を書き、歌った「根暗な文学青年」がモリッシーである。これが日本における一般論だ。そして、私もそのような彼の最も過激なファンのひとりであったし、今もそうである。 しかし私はこういったスミス受容に、彼らの歌詞を持って答えたい。つまり"Well this is true ... and yet, it's false"("You've Got Everything Now")であると。不幸なことに、ことさら日本では僅か5年間のスミスでのモリッシーの受容のされ方が、未だに現在のモリッシーを規定してしまっている感が否めない。つまり「スミスと比べてソロはあまり……」という声をよく聞くのだ。確かにわからなくもない意見だ。それぞれ、思い入れもあるだろう。しかし私は、それを残念に思う。もはやスミスでの活動期間の五倍に匹敵し、コンスタントに作品を発表し続け全世界で新たなファンを獲得しているモリッシーのソロ活動は、「スミス以上」に素晴らしいと、声を大にして私は言いたい。実際、モリッシーのライブを熱心に追いかけている海外のファンは、「今のモリッシーが一番である」と口を揃えて言う。なんと「スミスを聴いたことがない」と言う(冗談だろうが)モリッシーの熱心なファンまでいるのだ。そして私も、スミスは「心の故郷」ではあるが、今のモリッシーが「一番」であると思っている。それが、今回の来日公演を観て再確認されたのだ。 *&nbsp