ecrito.fever.jp
ヱクリヲvol.5 編集外記
編集委員T: 文学フリマにご来場のみなさま、この度は『ヱクリコ』を手に取っていただきありがとうございます。『ヱクリコ』とは総合批評同人誌『ヱクリヲ』のチラシでありながら、新規文章が読めて『ヱクリヲ』のことを知ってもらうための「お試し版」となっています。 当コーナーは「本誌の編集後記も書いたし、編集外記に書くネタがない」と編集長が弱音を吐いたので、「いや、あるだろ」と言葉絞り出させるコーナーです。それでは編集長の紹介なんて生ぬるいものは挟まずに、質問を投げていきたいと思います。よろしくお願いします。 長々編集長にインタビューしたところで「お前誰だよ」となると思うので、早速本題に入りますね。本日発刊の『ヱクリヲvol.5』のA面が日活ポルノ映画監督・神代辰巳特集なのですが、神代特集に集まった論考を全部読んでみての感想をください。 編集長(佐久間): これまで弊誌で取り上げてきた映画監督の特集(レオス・カラックス、アンドレイ・タルコフスキー、D・W…グリフィス、楊徳昌)と比較しても、今号はもっとも充実したテクストが揃った特集が組めたと思っています。 本誌に掲載された神代辰巳に関するテクスト群からは、彼の演出は本来映画に内在する「現実」と「虚構」の二元論を脱臼し、転倒させるものであることがわかると思います。そして、そこには本誌の論者らが指摘しているように、神代の死生観=「私」性が過剰に孕んでいますね。 T: はい。毎回のように映画特集はやっていますが、今回はなんか「濃い」ですよね。文章だけでなく、デザインも初参加のアニメーション制作/批評家である松尾奈帆子さんが手がけてくださったからかもしれません。編集長念願である「本誌に猫の画像を掲載する」ことも達成して気合の入りようを感じましたし。 では、対するB面、わたしも所属しているゲーム特集ですが、こちらも全部読んでみてどんな感想を持ちましたか? 編集長: 正直なことを述べれば、私はゲームをほとんどしないので論者が取り上げている大半の対象に関しては知識を持ち合わせていません。にもかかわらず、すべてのテクストを興味深く拝読することができました。つまり、ゲームに関する見聞がなくとも面白く読めるものになっているということです。