ecrito.fever.jp
聖地巡礼の視点 ――「見たことのある景色」のその先へ
 聖地巡礼――アニメの舞台となったとされる場所を巡る行為――の様子をブログやニュースなどで見て、あくまでスタンプラリーのようなものだと思っている人はいないだろうか。自分がキャラクターの位置に重なるカットを撮り、ひとつひとつチェックポイントを潰していく。キャラクターや作品の熱狂的なファンが足を運び、自身をそこに投影する――そう考えているなら、それは聖地巡礼の楽しみ方のひとつであって本質ではない。その地にわざわざ自らの足で行く理由は、もっと私たちの作品の見方に関わるような理由なのではないだろうか。 そのことについて、(お得意の)『Free!』から考察していく。テレビアニメ『Free!』(2013年7~9月、2014年7~9月)そしてその過去編である映画『ハイ☆スピード!―Free! Starting Days―』(2015年12月)の舞台である「岩鳶」は、鳥取県にある「岩美」という地がモデルになっている。岩鳶高校があるとされる位置だけは大きく違っているが、他の景色や位置、更には民家など建物の形に至るまで細かく再現されていて、聖地巡礼に訪れる人は後を絶たない。かくいう私も今年の3月、そして8月と岩美を訪れ、「聖地巡礼」というものをしてみた。 聖地巡礼をしているブログを見ると、アニメのキャプチャーと全く同じ構図の写真を並べて配置する形式を基本としている。 遊覧船乗り場近く これはキャラクターとそこで起こった物語に対して、アニメのカメラの視線と自分のカメラの視線(もしくは自分自身の視線)を同一化する、三人称の楽しみ方であると言える。「キャラクターがそこにいた」風景を切り取って、アニメで「見たことのある景色」を自分の目線でたしかに「見たことのある」景色にするように。 そして同じく、キャラクターがいた場所に自分も立ち、彼らが見ていた景色を見る。そうすることでその景色を立体的なものとして、彼らがそこにいたものとして、実感することができる。 同じく遊覧船乗り場近く、キャラクター視点のパノラマ写真