ecrito.fever.jp
グリフィスからアベンジャーズへ――映画における"特権的な瞬間"についての記述
 映画の誕生は、写真すら満足に普及していない19世紀末の世界において革新的な出来事だった。観客は迫りくる列車に恐れ慄き、後景に配された木々が風に揺れる様に釘付けとなった。克明に外界を記録する写真にもない「運動」そのものの表象に、このメディアの本質的な特徴がある。 事実、初期映画は人間の跳躍からボクシングまで、動態を捉えるフィルムで溢れかえった。やがて、映画は1リール(約15分)という上映時間に対する技術的制約を乗り越え、長編化していく。グリフィスという固有名を中心としてクロースアップ、カットバックといった修辞法を洗練させていくなか、映画は「物語」となった。観客の視線誘導や、各プロットが有機的に連なっていく展開が映画を下位文化から芸術へと押し上げたといっていい。 「運動」から「物語」へ――。しかし、映画の進化はそのような単線的発展史観に留まることはなかった。70年代中盤から主にハリウッドを震源地として、特撮・CG技術の顕著な進化が映画界を席巻する。スクリーンを埋め尽くす「スペクタクル」の表象は、作品の筋すら忘却させる迫力に満ちていた。2時間の「物語」ではなく、10秒の「運動」に作品の印象が避けがたく依存する。映像表現の技術的進展は続き、その一方で二時間を優に上回る「物語」自体に魅力を持つ映画もいまだ量産されている。70年代以来(いや、本当はその誕生から)、映画は「運動」と「物語」の相克を内に秘めながら、現在もなおその歩みを止めない。 ここまで、私はごく常識的な映画史への見解を述べた。大まかに振り返ってみれば、映画とは二つの「持続」のメディアだということがみえてくる。そして、双方はときに相反する。 映画の持続性――それは第一に「物語」である。昨今は当たり前のように二時間を超える作品が公開されるが、そこで展開される「物語」は観客の興味の持続を前提としている。ごく単純なことだが、上映途中から観賞を始めたり、あるいはその逆に退出しては作品の筋を理解することができない。 映画における二つ目の持続性――それは「運動」である。映画が「Moving