ecrito.fever.jp
おうえん×くんれん=プリズムのきらめき
 4月に突入し、いわゆる「新生活」が始まった人もいるのではないだろうか。かく言う私もその1人で、職場自体は居心地がよく、まだ忙しくないのだが、いかんせん通勤が憂鬱である。ほんとうに電車に乗りたくない。そんな新社会人(ならびに似たようなことを感じる全ての人達)にありがちな状況を改善するのが、今回紹介するキンプリである。 「キンプリ」こと『KING OF PRISM by PrettyRhythm』(エイベックス・ピクチャーズ、2016年)は、『プリティーリズム・レインボーライブ』(テレビ東京、2013年4月6日~2014年3月29日)に登場する男子アイドルをメインとしたスピンオフ映画(であると同時に電子ドラッグ)である。今年1月に公開されたのにもかかわらず、4月現在も絶賛上映中である。当初は上映映画館も14館と少なく客入りも悪く、マイナー作品となる予定であった。しかし、制作スタッフやファンの熱意により、「キンプリはいいぞ」というワードと「尻からハチミツ」「全裸でハグ」「鋼の腹筋」など謎のあらすじがたちまちTwitterなどで広まって、上映館も大幅に増加し、プリズムの世界へと多数の男女問わずが連れて行かれたのである。「プリズムエリート」と呼ばれる熱烈なファンは、10回以上見に行くのが当たり前で、更に毎回キンプリを知らない友人を連れ込み、マルチ商法のごとく拡散されていった。「熱烈」といってもごく一部の過激なファンではなく、友人の少ない一般的女子大生であった私ですら周囲に3人もいるような頻度でエリートはいるのだ。 あらすじから推測できるようにツッコミどころ満載の、爆笑必須のおバカアニメではあるのだが(『MAD MAX』や『ボボボーボ・ボーボボ』などが好きな人にオススメ)、一方でその編集力や構造の素晴らしさにも定評がある。それについては、私よりも「プリズムエリート」達の方が熱意もあって作品事情についても詳しいレポート・批評を書いているのでぜひ検索してみてほしい。私は今回、キンプリがなぜここまで爆発的に人気になったのか、その現象を考察してみたい。&nbsp