ecrito.fever.jp
2016年アカデミー賞について 受賞式に参加しなかったアーティスト ANOHNIの考察から
先日のアカデミー賞について、記憶も鮮やかな人がまだまだ多いのではないだろうか。イニャリトゥが「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」に続き今年も「レヴェナント:蘇りし者」で十二賞の最多ノミネートを獲得したことは驚きだったが、日本では公開がまだ待たれるこの作品よりは、公開当初からTwitter上で大いに盛り上がった、あの「マッドマックス 怒りのデスロード」の十賞のノミネートがやはりひときわ印象的だっただろう。 さて、栄光を恣にする作品に花を添える前に、一つ口添えしておくべきことがある。そのために、本年度のアカデミー賞のBest original songにノミネートされていながら、遂にセレモニーには列席しなかったアーティスト、ANOHNI(formaly.known.as Antony hegarty)について紹介したい。 彼女は今年44歳のイギリス・チチェスター生まれのアメリカ・カリフォルニア州育ちのアーティストで、生物学的には男性だが女性を自認している。いわゆるトランスジェンダーのアーティストだ。彼女のボーカリストとしてのキャリアは長く、不遇の時代を経て、今回の受賞に漕ぎ着けた。まずは彼女がリードボーカルをつとめるバンド"Antony and the johnsons"が2009年に出した、必聴アルバムの"The crying light"から一曲紹介しよう。 サムネイルの姿に驚かれた方もいるかもしれないが、これは舞踏家の大野一雄である。このアルバムは彼に捧げられており、アートワークにも彼の姿を採用されている。リバーブのかかったピアノが響く、極めて音数の少ない緊張した場所で響くANOHNIの声は、微かにビブラードがかかっていて中性的な声音だが、不思議なほど落ち着く。確かに曲調こそ重苦しいが、青天の霹靂のような光陰を思せ、とても美しい瞬間を何度も見せる。追って大野一雄の舞踏を眺めると、その極めてたおやかで柔軟だが、一つの動きが崩れ落ちる前に芯が別の動きへ誘うような不思議な緊張には、共通の世界観を感じるはずだ。 そしてこれが彼女をアカデミー賞の栄誉に授けた一曲、映像作家のJ・Ralphとともに映画"Racing extinction"に捧げられた曲、"Manta ray"である。ANOHNIは自身も認める環境運動家である。