ecrito.fever.jp
今ここで、何かが立ち現れる――サンプル『ひとりずもう』を観て
劇団サンプルの最新公演『ひとりずもう』を観た。この作品の面白さと尽きせぬ魅力はおそらく、それが既成のジャンルに区分できないところにあるのだと思う。パンフレットには「テスト・サンプル05『ひとりずもう』」としか記述がないことからも分かるとおり、作者である松井周もこの点に意識的であると思われる。この作品は、従来の意味での「演劇」や「コント」、「パントマイム」等々のどれにも似ているところはあっても、果たしてそのどれでもないのだ。『ひとりずもう』は、15分ほどの一人芝居が5ブロック合わさったものから成る。奥田洋平演じるサラリーマンが、顧客にマンションの一室を案内する『内見』。野津あおいの、同棲していると思われる恋人とのちょっとした諍いや、テルと呼ばれる犬のぬいぐるみとのやりとりを描く『テル』。中学校の三者面談で、親子を前に徐々に変態性をあらわにしていく教師を松井が演じる『面談』。辻美奈子が、あるアートの展示会で、やってくる様々な客と応対することで展開されていく『作品』。そして最後は、謝罪会見場に現れた有名芸能人と思しき古屋隆太が、記者たちと珍妙な応答を繰り広げていく『謝罪』。先だって「一人芝居」と書いたことからも既に明らかなように、それぞれの役者の対話相手は実際には存在していない(舞台装置や音響、照明などの演出も最小限に抑えられている)。にもかかわらず、役者の一挙手一投足から、観客は徐々に設定を共有してゆき、作品の世界へと引き込まれてゆく。面白いのは、観客に対して設定や出来事が徐々に開示されていく、その手探り感だ。『ひとりずもう』の役者たちは、一人芝居の常套テクニックであると思われる「復唱」をほとんどしない。つまり、見えない相手の発言を「え? ○○だって?」と繰り返し、それによって観客と設定を共有するという行為を断固として排除しているのだ。その代わり、役者たちはしばしば発言を途中で「切断する」。すなわち、見えない相手によって言葉をかぶせられてしまった、という体で言葉を言い止めるのだ。ここには、存在しない相手(あるいはそれを観客と言い換えてもよいだろう)に対する、より生産的かつ倫理的な態度がある。「復唱」が見えない相手と切り結ぶ共犯関係は、しばしば観るものをシラけさせるのに対して、「切断」によって見えない相手との間に到来するせめぎ合いは、観るものを緊張の渦に引き込む。もし芝居