ecrito.fever.jp
『かげろう -通訳演劇のための試論-』観劇レビュー ~私も一人の他者であるために~
 国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2016と題された「東京芸術見本市(Tokyo Performing Arts Market)」(通称TPAM)が2016年2月6日から14日まで開催された。その中で、TPAMショーケースとして上演された濵中企画による青年団若手自主企画 vol.65 『かげろう -通訳演劇のための試論-』を観劇してきた(2月9日19:30の回を観劇)。 この作品の演出家である濵中峻は一昨年の2014年12月にアトリエ春風舎でも同じタイトルの『かげろう』という作品を上演しており、それも観劇していた私としてはどのように作品が変容したのか楽しみでもあった。その時の上演内容としては、ヘッドホンをつけた役者数名がプロジェクターに移された被災地の風景を背景にして、その土地に住む人々のインタビュー時の言葉を淡々と発話していく内容だった。時には足元を見ながら、被災者を演じるわけでもなく、感情的になるのでもなく、ただただヘッドホンから聞こえる言葉を発話している役者の姿がとても印象に残っていた。その演出に何かしら、福島の人の言葉を東京の劇場で発話することへの誠実な態度を模索している意図を感じた。 TPAMでは、国際性を担保するために英語話者でも理解できる内容にする必要があるため、今作も日本語で上演され、英語字幕が表示されるものだと思って開演を待った。しかし、私のこの思い込みはのっけから否定される。プロジェクターに映される海の映像、そしてノイズにも似た波の音。上手の椅子に座る黒いワンピースを着た女性。お年を召された女性の日本語の声がかろうじて聞こえる音量でスピーカーから流れる。そして、黒いワンピースを着た女性(伊藤羊子)はその日本語を翻訳して英語で発話を始めた。彼女はイヤホンを付けており、どうやら同時通訳をしているようだ。私はこの光景に面食らってしまった。なぜなら、一人芝居の主演女優だと思っていた黒いワンピースの細身の女性が、ただの通訳として、映像と音声の黒子、影として英語を発話しだしたからだ。しかもその英語と日本語は同時に重なって聞こえてくるのだ。映像にほんの少し姿を見せ日本語をしゃべる女性は福島県いわき市に住む高木京子さんという方らしい。その方の日本語を英語に通訳して発話するもうひとりの彼女を見ながら、この女性も演出家もおそらくは母語は日本語であり、その上で英