ecrito.fever.jp
「SUSHI食べたい」ー謎の動画制作集団AC部とバッドセンスの逆襲
ツイッターを触っている人たちの中には、近頃、 『SUSHI食べたい』 とコメントする、異様な人々を眼にしたことがあるのではないだろうか。実際 『SUSHI食べたい』 と検索すると、異様な数の結果が現れ、その熱気も伝わってくる。 だが、もちろん、彼らは本当にSUSHIが食べたいわけではない(いや、寿司はいつでも食べたい、それは間違いないのだ)。 彼らは、ある動画に強烈に感化され、魅了されている。 ゼロ年代前半にその雑食的なセンスでポップシーンを席巻したORANGE RANGEが出した新曲、それに付されたPVの異様な映像が、ニコニコ動画ほか各動画サイトで発見されて、一気にブームになった。 まぁ、論より証拠、とりあえずご覧頂きたい. どうだろうか。わけがわかったか否かはとにかく、この動画が持っている異様な熱気、特異な世界観が伝わったのではないだろうか。 冒頭から、ニューオーダーのような80'sテクノの芳醇な雰囲気を漂わせたシンセドラムの音が、とぼけた緊張感を漂わせるなかに、「SUSHI食べたい」と異様な言葉が繰り返される。 その後に、高音域ボーカルを担当するYAMATOが、都会的で寂れた雰囲気のラブソングを唄いはじめる(そしてそこに映るのは、淡い色調のなか、頭が微妙にデカくなったり小さくなる、寝苦しそうな女性、そして彼女は眠れず、張り手のような非常な腕の突き出し方で、泣きながらネオン・ナイトを走りだす…)。 やがて彼女は、閉められたシャッターの前にたどり着く。すると、シャッターが片手で開かれ、中からは『地獄のミサワ』のキャラのような(顔のパーツはリアルなのに、顔における比率がおかしい)イナセな板前が現れ、肩をシャキシャキいからせながら寿司を握るジェスチャーを画面に繰り出してくる(そこに、低音ラップ担当のRYOのメロウなラップがかぶさってる)。 そして、サビでは(寿司だけに…)、「SUSHI食べたい」の歌詞と共に、身体の大きさがぐにゃぐにゃに変わる板前のアニメが、ひたすら寿司を握ってこちらに差し出してくる。 いやはや、全てが今風のセンスではない。でも本気でやっているのはヒシヒシ伝わってくる。というか、本気でやっているとは、例え狂ってても、世界観がそれだけで完結しているというであり、この作品は、なんとなくやったらできちゃったみたいなノリとは、一線を画してくる。