ecrito.fever.jp
白昼堂々現れる目に見えないものたち-多摩1キロフェス、子供鉅人『あおぞらお化け屋敷』
ああ、これは何という風景なのだろう。白装束の役者たちが駆け回っている。あるものは扉を演じ、あるものは喰われる女を表現し、あるものは地獄の亡者、鬼を演じている。その中を一般の観客が通り抜けていく。それを外側から眺めている。見たことない光景に、ただただ爆笑するしかないのである。 多摩ニュータウンで行われている多摩1キロフェスの一つの出し物として行われた子供鉅人の『あおぞらお化け屋敷』である。当初の予定の演目をやめ、多くの役者で何をするのかを考えた結果であると主宰の益山貴司がアナウンスする。すると、役者が自分の身体を使っていろいろなものを作り出す。扉、つり天井。その中でうごめく異形のもの。喰われる女の死体。それをむさぼるゾンビ、恐怖に怯える女などなどだ。何もない空間を四分割するとして、手前側を1の部屋と2の部屋、奥側を3の部屋と4の部屋とする。作り出されたものは1と2の部分である。その光景を巨大な会談に座って上から覗き込むように眺めるのである。「では、前から順番に入ってください」益山の指示により、前に座る人々が「あおぞらお化け屋敷」の中に入っていく。すると、役者たちが彼らを必死に脅すのだ。上から眺めている私たちは、その丸見えの光景が何ともおかしくてただただ爆笑するしかない。「あっはっはっ」入場者が1の部屋を構成していた役者たちが走り出し、3の部屋を作り出す。そこには地獄の風呂釜があり、閻魔大王らしき人が鎮座している。3の部屋が準備できる頃に、2の部屋から3の部屋に続く扉が開く。すると、2の部屋を構成していた役者たちが走り出して、4の部屋を作り出す。そこは亡者がうごめき、鬼らしき人が徘徊している。入場者が3の部屋から4の部屋に移動すると、3の部屋を構成していた役者たちが走り出して、1の部屋を作り出すのである。そして新たな入場者が1の部屋に入ってくる。その間に4の部屋から最初の入場者が出ていくと、4の部屋を構成していた役者たちが走りだして、急いで2の部屋を作り出すのである。恐怖以上に役者たちの必死さが、そして役者たちの疲れが、そのあまりにもくだらないシチュエーションと相まって「あっはっはっはっはっはっ」と爆笑するしかない光景が展開されるのである。なんて面白い、面白いのだろう。 現世ではこのように必死に人々が走り回っているが、それは神の視点からすれば滑稽なものなのだ。なんてこの