ecrito.fever.jp
嘘と真の狭間にて-官能教育第8回 神里雄大xマルケス『エレンディラ』
あっはっはっ、なんだこれは 篠崎大悟が舞台上に現れた。その瞬間に男性客から爆笑が起こる。私も同様に笑ってしまう。あまりの衝撃にただただ笑うしかないのだ。 演劇ジャーナリストの徳永京子が責任者のProduce lab 89では、リーディングという形式を用いて想像力で五感を越えようという試みる『五感overs』、夏目漱石の夢十夜を定本に好きなようにやってもらう『夢十夜を遊ぶ夜』、その人のA面でもB面でもない、さらに深い部分を語ってもらおうという『Side C』、自身が一番エロスを感じる作品のリーディングをしてもらう『官能教育』という企画がある。『官能教育』では今までもサンプルの松井周、ロロの三浦直之、FUKAIPRODUCE羽衣の糸井幸之介などが上演を行い、傑作だと言われるものを提示してきた。今回は岡崎藝術座の神里雄大がガルシア・マルケスを『エレンディラ』を2015年9月4日と5日に計4回上演する。南米人と日本人のハーフである神里雄大は、『レッドと黒の膨張する半球体』、『隣人ジミーの不在』では、日本人を挑発するような作品を作ってきた。『+51アビアシオン、サンボルハ』では自分の中の日本人の部分と向き合うような作品を作ってきた。今回は果たしてどのようなものを作ってくるのか、それをとても楽しみにしていたのだ。 舞台上に現れた篠崎は、翼を背負っている。手にはラミネート加工された紙の束を持っている。その紙の束には犬の散歩をする時に使うリードのような紐が付いており、それが篠崎の足に繋がっている。それ以外は何も身につけていない。靴も履いていない、シャツも着ていない。ズボンも履いていない。下着すらも着ていない。つまり裸なのだ。イチモツぶらぶらさせながら、立っているのである。確かに天使の格好そのものなのだが、なんとも生々しい。さらにイチモツを振ってエレンディラの文章を朗読するのである。椅子に座っても、そのイチモツを見せつけるような座り方だ。そのとても馬鹿馬鹿しい有様に、再び笑いが起きる。 あっはっはっ。 最初は堂々としていたけれど、恥ずかしくなったのか、変な動きをしたり、イチモツが見えないような姿勢を取ったりする。その際に文章の読み間違いをしたりもする。 あっはっはっ。 神里雄大が舞台上に現れ、椅子に座り、篠崎と対話をする。ギャラの話など、とてもぐだぐだな話だ。「神里さん、旅行はどうで