ecrito.fever.jp
幼女Xがきえることであらわれた、スグルとタムのちがうおもいとおなじおもい-範宙遊泳-『幼女X』ver.TPAM2015
「こんな風になるなんて!」タイのカンパニー『Democrazy Theatre』と範宙遊泳のコラボレーションで出来上がった『幼女X』はなんとダンスピースだったのだ。舞台上には2人のタイ人の男がいる。彼らに役は与えられていない。スクリーンに表示された言葉に従うだけだ。ダンスピースだというのに踊りもしない。ありのままで舞台に立っているのである。 『幼女X』は2013年2月に範宙遊泳の上演した作品である。この作品は主催の山本卓卓が震災以降の日本に感じていたものをスクリーンに投影された文字と大橋一輝、埜本幸良の2人によって表現したものであり、どこにいるのか分からない悪を探して彷徨う男と、姪に恋慕し義兄の成功を嫉妬する男の物語である。 この作品で範宙遊泳と山本卓卓の評価は高まり、TPAM in yokohama 2014に招聘されることとなる。それをきっかけにマレーシアでオリジナル版とマレーシア人とのコラボで出来上がった『Girl X』を上演。その後にタイでのオリジナル上演を経て今回のコラボとなったのである。 まず驚かされるのは『物語』がないことだ。山本は『物語』を溺愛していることをよく語っている。役者にも物語に従うことを要求していることも語っている。2脚の椅子を置き、スクリーンに投影するで言葉で会話させたり、ここにはいない存在をスクリーンに投影させた言葉だけで会話させたりと物語ることをとても大切にしているのだ。それなのに『物語』がない。まさに事件である。 タイ人の男1(ティラワット・ムルウィライ)が舞台上に現れる。するとスクリーンに日本語とタイの言葉と英語で男1に何をしろと表示される。 「ハンマーを持て」 「ハンマーを食べろ」 などなど。その言葉に男1は従うのである。 男1が指示に従って舞台の外に出ると、男2が舞台上に来ることをスクリーンに投影された文字が指示をする。それに従ってタイ人の男2(ピーラポン・キッルアンピロムスック)が舞台上に現れる。するとスクリーンに日本語とタイの言葉と英語で男2に何かしろと表示される。 「髪型を整えろ」 「挨拶しろ」 などなど。その言葉に男2は従うのである。 Democrazy Theatreのタナポン