ecrito.fever.jp
「動かない」いくつかの疾走をめぐってーーレオス・カラックス『汚れた血』論
アルチュール・ランボー「地獄の季節」中の一篇「悪い血」Mauvais Sangの名を借りたこの作品は、瑞々しい若さがみなぎった、カラックスの代表作と言ってよいだろう。なかでも、ラジオから流れてくるデヴィッド・ボウイの『モダン・ラブ』に乗せて、ドニ・ラヴァン扮するアレックスが目的もなく不意に夜の街を疾走し始めるシーンは、映画史上に残る名シーンといっても過言ではない。だが、このあまりにも有名なシーンについて、私たちはまだまだなされるべき問題提起を果たしていない。もちろん、『鏡の迷路』の加藤幹郎のように、この疾走シーンについて分析してみせた論考が世の中に存在しないわけではない。しかしそれらの論考も見落としているのは、もっと、そしてもっとも素朴な問い、すなわち「アレックスはなぜ画面上で左から右へと走るのか」というものである。おそらく、このシーンに少なからぬ感動を覚えた経験のある観客であれば、すぐに「なぜ」と答えることはできなくとも、ここは左から右でなくてはいけない、逆はあり得ない、という感覚を共有することができるだろう。俳句の世界から用語を借用すれば、このシーンは「動かない」と言える(「動く」/「動かない」とは、俳句の17文字において、ある言葉が別の言葉と代替可能であるかを示す用語であり、動く箇所とすればその句は完成度が低いとされる)。対照的な例として、先頃公開された『フランシス・ハ』が挙げられる。同じようにデヴィッド・ボウイの『モダン・ラブ』に乗せて走るシーン(明らかに『汚れた血』へのオマージュだろう)があるこの作品だが、そのじつ、この曲に乗せて走るのが「あの時」「あの場所」である映画的必然性はこれっぽっちもないのであり、極端に言えば、適当に走っているシーンに『モダン・ラブ』をかぶせれば一丁上がり、という程度のものでしかない(実際あの映画に、「これしかない」というようなショットがひとつでも存在しただろうか)。それは感覚的なものではないかと言われればそれまでだが、私たちには、その感覚や感動を頼りにし、それを言葉にするという以外の方法を持っていない。別役実の演劇論『舞台を遊ぶ』は、私たちにその手がかりを与えてくれる。