ecrito.fever.jp
大塚英志は"作家神話"の夢を見るか?
2014.3.11 いささか個人的な体験から話をはじめたい。 私が初めて大塚英志の姿を目にしたのは二○十四年三月、東京大学本郷キャンパスにて行われた角川文化振興財団による東大情報学環への寄付講座開設のキックオフイベントだった。「メディアミックスの歴史と未来」と銘打たれたそのシンポジウムには情報学環から吉見俊哉、角川歴彦に加えてなぜか講演を用意されていた川上量生(当時はまだKADOKAWAとドワンゴの経営統合は発表されていなかった)、そして大塚英志の姿があった。 大塚英志の登壇は第一部「東アジア・アニメーションの『起源』」に予定をされていた。このパートでは中国・日本・韓国それぞれの研究者が二十世紀前半(この三カ国にとっては「戦中」である)において、まだ黎明期とよぶにふさわしいディズニーからの影響をいかに咀嚼して各国がそれぞれのアニメーションの歴史を築いてきたか、その道筋を丹念に追っていた。大塚英志は自身で発表をすることなく、第一部の総括として最後に演台に立った。 もし仮にあなたが大塚英志の著述を読んだことがあるのなら、彼が皮肉屋であることはよく分かるはずだ。その日、大塚英志は実際に冷笑的ともいった方がよい態度をとった。あくまで伏し目がちに繊細な気質であるような話し方をしたのは意外だったけれど、しかしその発言の内容は彼の著述にふさわしく辛辣なものだった。 「このセッションを聴いて、手塚治虫がディズニーをパクっただのパクられただのという感想を抱くこと自体がナンセンスだ」 大塚英志は口を開いて早々に言い放った。続けて作品の「元ネタ」を探し出すような態度、影響関係を露呈させた上で先に存在したものを上位に置くような態度を大塚は厳しく批判した。それは決して日本のアニメの優越性を弁護するものではなく、むしろ自明的にディズニーによってその表現を規定されていたことを認めるものだった。 この「起源」「オリジナリティ」への徹底的な無効化という戦略は、批評家としての大塚英志を特徴づける大きな要素の一つである。