ecrito.fever.jp
vol.2 特集:タルコフスキー×シルヴィアン
総合批評誌『ヱクリヲ』 Vol.2 SOLD OUT/kindle版のみ 電子版はこちらから↓ Contents アンドレイ・タルコフスキー タルコフスキーの画面への統御について(深澤匠) タルコフスキー作品を観た人は、誰もがその「水」「風」「火」といった自然の表象に目を奪われることでしょう。しかし、それは本当に「自然」なショットなのでしょうか。かつてリュミエール兄弟が最初期の映画において(偶然にも)写し取った「風」という自然の表象は、当時の観客の驚きを得ました。一方で『鏡』を例に挙げるなら、タルコフスキーの「風」はヘリコプターを利用した作為性の高いものです。それは自然(偶然)を機械的に捉えた映像ではなく、作家による統御された画面なのです。前者を「現実のイマージュ」として、後者を「イマージュの現実」として捉えることはできないでしょうか。『惑星ソラリス』では「首都高」が未来都市という「イマージュの現実」として映し出されました。この表象は決して「自然」ではなく、本作以後内省性を深めていくこの作家の内面を映す「鏡」だったのです。 傍観者としてのルブリョフ(吉田髙尾) タルコフスキーは『アンドレイ・ルブリョフ』以降、「神」という問題系に接近していきます。なかでもロシア正教会との連関は注目に値します。史実として、ルブリョフが描く図像は正教会唯一の聖像画とされていました。他にも次作「ソラリス」では犬の表象に聖人クリストフォロスの寓意を看取できます。「神」を主題としながらも『アンドレイ・ルブリョフ』ではついぞ聖像画そのものを描くシーンは登場しません。この「不可視性」にこそ、タルコフスキーの宗教観を読み解く鍵があるのではないでしょうか。 夢現の狭間にあるユートピアーー『惑星ソラリス』について(なかむらなおき)