design-biz.jp
製品を愛着商品にしていくための『余白』
久しぶりに、アイティメディアのものづくりポータルサイト「MONOist(モノイスト)」での連載コラム、「クルマから見るデザインの真価」に記事を書きました。今回の題材はマツダのロードスター。言わずと知れたライトウェイトのオープン2シーターのスポーツカーです。日本の多くの自動車メーカーはスポーツモデルを作ったり止めたりを繰り返す商品となっていますが、マツダは1989年に初代ロードスターを発売して以来、景気動向にかかわらず作り続けています。ロードスターを、景気動向や