damasarenaiwa.com
【冷たいし】今日は過去にあったクリスマスの思い出でも話してみようか。【ラブホひどい】
皆さんメリークリスマス。 今年もキャンドルも十字架も愛に力を与える一大イベントがやってきましたね。 しかも今年は3連休。 とあるクライアントさんが、 「今年のクリスマスは3連休だし女子にとっては一大事なんです!」と仰っていましたが、 ありがたいことに今月はカウンセリングのお申込みの数がかなり多いので、 そら僕も大忙しやわと思いました。 ご相談内容もやはり3連休に絡んだものが多く、 「なんとか3連休を彼と有意義に過ごしたい」と思って 僕を頼ってくださるクライアントさんが多いです。 本当にありがとうございます。 「3連休、彼が一緒に過ごしてくれることになりました!」とか 「クリスマスイブに彼と会えることになりました!」といった感じで 聖なる夜まで堕天使が恋に遊ぶような嬉しいご報告もたくさんいただいておりますが、 女性によっては彼の仕事が忙しすぎて会えなかったり、 冷却期間を置いていたりで会えないという方もいらっしゃいます。 そういった方々のためになにかできることはないかと考えた結果、 僕が過去に経験した悲惨な?クリスマス話でもしてみようかという考えにいたりました。 結果的に2人の女性を傷つけてしまうお話になるので 不快感を示される方もいらっしゃるかもしれませんが、 20年以上前の出来事でして 今その女性たちは幸せになっているようなので どうか、話のネタとして笑ってくだされば本望です。 当時の僕は本当にチ○コが乾く暇がなかった件。 あれは僕が19歳のとき。 バリバリのインディーズバンドマンとして全国津々浦々をツアーでまわり、 音楽活動とライブに明け暮れる毎日を送っていたときのことです。 その頃の僕は本当に女癖が悪く、 最大で5股するほどのヤリチンでした。 当時はまだ「セフレ」という言葉もなく セカンドの女性は「遊びの女」という呼び方をされていましたが、 僕には17歳のときから続いている女性が2人いたんですよね。 本命の彼女K(22歳)と東京の彼女T美(18歳)。 バンドマンの間では他府県の彼女のことを地方妻と呼んでいましたが、