damasarenaiwa.com
【愛情を求めるなら】愛を求めるならちゃんと与えろよ論。【返さなあかんねんで?】
「求めよさらば与えられん」 クリスチャンの方なら馴染み深いこの言葉。 この言葉は新約聖書に書いてありまして、 「神に祈りなさい。そうすれば神は 正しい信仰を 与えてくださるだろう」という意味です。 もっと噛み砕いて言うと、 なにか物事を成就したいのであれば 与えられるのを待つだけではなく、 自らすすんで求める姿勢が大事ということです。 アナタに叶えたい夢や目標があるのなら、 運任せや人任せにせず自分で道を切り開こうぜというわけですね。 どうしても手に入れたいものがあるなら、 貪欲に求める姿勢をもつことは大切。 とはいえ、求めすぎてはいけないものが1つだけあります。 それは男性の愛情。 恋人であれ旦那さんであれ、 愛情を求めすぎるといずれ関係性は破綻します。 「もっと愛をちょうだい!ちょうだいよ!」と 強欲になればなるほど、彼は離れていくと思った方がいいでしょう。 ちなみに愛情を求めるということは、こういうことを指します。 「もっと連絡してよ。」 「もっとかまってよ。」 「もっと好きって言ってよ。」 「なんで私だけを見てくれないの?」 「なんで私じゃダメなの?」 「なんで私を不安にさせるの?」 「どうして前みたいに愛してくれないの?」 「どうして私の気持ちに応えてくれないの?」 「どうして付き合ってくれないの?」 うわー重いっ! このように彼の愛情を求めるべく、 「もっと」「なんで」「どうして」ばかりを使ってしまうと、 彼の愛情はいずれ枯渇するのです。 恋愛において相手の愛情を求めるという行為は、 お金の貸し借りによく似ています。 言うなれば、愛情を求めるのなら、 ちゃんと返さなければいけないんですよ。 こういうことを書くと、 「私はちゃんと返してるのに、彼はぜんぜんくれない!」 と言う方がいらっしゃるのですが、 アナタが彼に与えたり返したりしている愛情は、 すべて自分都合のものではないですか? 「ちゃんと好きって言うし、