comix.tokyo
ブックレビュー|増田俊也『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』(上) (下)
「血が滾(たぎ)る」とはこのことを言うのだろう。本書を詠み始めたとたん、読んでいるこちらの血が沸点へ達するのを…