cololukun.com
みんなの企画室#14 「商品開発体験2017」
ふ主任 「みなさん!あけましておめでとうございます!お正月ボケは抜けましたか?」 部長 「抜けてない方がおかしいだろ」 課長 「成人式すらとっくに終わってるというのに」 主任 「てへぺろ」 課長 「今月いっぱい正月ボケっぽいですね」 部長 「・・・さて今回は、実に久しぶりの企画だな」 課長 「はい。去る1月9日、北海道の子育て支援サイト・ママNAVIさん主催による体験型イベント "キッズお仕事チャレンジフェスタ" が開催されました。 小学生の子ども達が様々なお仕事を体験する今回で4回目のイベントです」 部長 「おかげさまで大盛況だったなあ」 主任 「コロルくんブースにも子供たちがいっぱい来てくれましたよ~!」 課長 「ご参加いただいた皆様本当にありがとうございます」 部長 「今回もまたみんなに我が企画室の一員になって、商品企画のアイデアを出して貰ったんだな」 主任 「はい!我々が考えなくていいように!」 課長 「・・・せめてユーザーリサーチとか言って貰えないかと」 部長 「我々大人の固い頭では思いつかない自由な発想で見てて楽しかったな」 課長 「そうですね。本当に自由闊達というか」 部長 「早速、一部ではあるが紹介させて頂こうと」 部長 「いきなりパーティグッズか」 主任 「トップを飾るにふさわしい逸品です」 課長 「コロルくんにはこういう単純に楽しいオモチャが似合う気がします」 主任 「こういう漫画に出てきそうなビックリ箱って、あるようで無いですもんね」 課長 「これも単純明快でいいですね。しかもこのデザイン性!」 部長 「そうそう、けん玉とか」 主任 「素晴らしい発想です。首が取れるとか。あのヒーローに負けません」 部長 「ヒーロー?」 主任 「愛と勇気だけが友達のアレです」 課長 「値付けがまた粋なんですよね、566円!」 部長 「これって、価格設定は税込みなのか税抜きなのか」 主任 「私たちがそんな事まで考えてると思いますか部長」 課長 「北海道らしい商品です」 主任 「耳掛けはある意味、北国の女の子の最初のオシャレとも言えますから」 部長 「今回みんな商品だけでなく、使用スタイルを絵にしてくれる子が多かったな」 課長 「ちゃんと"商品企画"の意味を分かっていますよね」 主任 「これヘッドホンにならないですかね」