bunbun.org
ぶんぶんの歴史
ぶんぶんの原点 2012年 2月〜 ぶんぶんの歴史は、当時中学1年生だったユリちゃんという女の子が描いた落書きから始まりました。 ユリちゃんが描いたぶんぶんの絵は、真夏にコートを着てスケートをしている、斬新なシチュエーションでした。そんな不思議な絵に心を奪われた松村文子税理士事務所(現:湘南BUN税務総合事務所)の副所長は、ぶんぶんを事務所のマスコットキャラクターにするべく動き出しました。 落書きからキャラクターへ 2012年 4月 ユリちゃんの落書きをもとに、デザイン会社やイラストレーターさんに、ぶんぶんのデザインをお願いしました。 そのうちの一人であるイラストレーターさんがユリちゃんのイメージにぴったりなぶんぶんを描いてくださり、現在のぶんぶんの姿ができあがりました。 >>> いろいろなぶんぶんのイラストもいっぱい「ぶんぶんギャラリー」をご覧あれなのだ ぶんぶん商標登録 2014年 8月 ぶんぶんがついに商標登録。 >>> 「ぶんぶんプロフィール」をご覧あれなのだ ぶんぶんグッズの開発 2012年 5月〜 ぶんぶんの良いところは、いつも笑顔で楽しそうなところ。ぶんぶんを見かけた人にも笑顔になってほしくて、かわいいグッズをたくさん作りました。缶バッジ・ストラップ・タオル・Tシャツ・ポストカードなど、種類もたくさん! >>> その他にも「ぶんぶんグッズ」をご覧あれなのだ ぶんぶん×企業のコラボグッズ 2012年 5月~ ぶんぶんの楽しい笑顔とのコラボレーションとして、神奈川県藤沢市辻堂にある「27 COFFEE ROASTERS」さんと共に、ぶんぶんコーヒーも作られました。 >>> その他にも「ぶんぶんコラボ」をご覧あれなのだ ぶんぶん×地域交流 2013年 1月〜 2013年の初めにぶんぶんパペットが作られ、その後、神奈川県の藤沢・湘南地域のあちこちへぶんぶんが登場することになりました! >>> その他にも「ぶんぶんコラボ」をご覧あれなのだ 楽しくお金を学ぶ租税教室開催 2013年 4月 横浜隼人高等学校で、小中学生を対象に開催された「地