bp.shogakukan.co.jp
徳川家秘伝健康法で子孫も長寿ってホント?
今や日本人の平均寿命は男女共に80歳を超え、30歳の平均余命は男性が51.63年、女性は57.61年。老いへの焦りをなくして心身の健康をどう保っていくかは、シニア世代の大きな課題だ。しかし、時代をさかのぼって江戸時代の平均寿命は30~40歳代だった。そんな時代に、健康オタクで有名であった将軍・徳川家康は、数えで75歳という長寿をまっとうしている。関ヶ原の戦いの時、家康は59歳、大阪夏の陣に出陣したのは74歳というから、健康寿命の観点から見ても、とんでもなく元気だったことになる。ほかにも、常に鍛錬を怠らず「徳川幕府中興の祖」として68歳まで生きた吉宗。万全の健康管理と強精剤の愛用で57人もの子をもうけた「オットセイ将軍」家斉は享年69歳。さらには当時としては珍しく肉を好んで食べた「肉食将軍」第15代慶喜は徳川将軍のなかで最も長生きの77歳まで生きた。