bokunoongaku.com
バッハ イタリア協奏曲:ピアノがピアノを超えるとき | ボクノオンガク
バッハ イタリア協奏曲 BWV971 バッハのクラヴィーア練習曲集第2巻に収録されているこの曲は、「ゴルトベルク変奏曲」と並んで、おそらく最も人気の高いバッハのクラヴィーア作品(またはピアノ作品)に違いない。協奏曲と名が付いているが鍵盤楽器ソロの曲だ。少し楽曲について解説したら、僕はなぜこの曲がこんなに人気になったかについて語りたいと思う。 ちなみに「フランス風序曲」と併せて、「イタリア風&フランス風」といった対比も楽しめるような形で1735年に出版されているが、圧倒的に「イタリア協奏曲」の方が知名度が高いし人気もある。譜面だけで言えば難易度としてはそれほど超絶技巧が必要なものではなく、バッハをある程度弾けるようになれば誰でもさらうことができるというのも程よくていいところ。 正式な曲名は"Concerto nach Italienischem Gusto"(イタリア趣味による協奏曲)といい、バッハが、というか当時のドイツ音楽家たち皆が憧れていた音楽先進国イタリアの音楽スタイルを導入したものだ。 バッハは1708年にザクセン=ヴァイマル公国の宮廷オルガニストとなるが、そこで留学から帰ってきたヨハン・エルンスト公子により、ヴィヴァルディやコレッリ、マルチェロ、トレッリなどのイタリアの作曲家の協奏曲の楽譜を渡され、鍵盤用に編曲して欲しいと頼まれる。実際にバッハはそれに応じて多くのイタリアの協奏曲を鍵盤用に編曲した。 この「イタリア協奏曲」は、そうした過去のアレンジの経験を活かし、今度はバッハのオリジナルの主題で、独奏部と合奏部による掛け合いを鍵盤が2段あるチェンバロを使って表現する「ひとりコンチェルト」を実現させたものだ。 独奏部には「フォルテ」、合奏部には「ピアノ」と強弱記号を付けて表現している。今では別に強弱記号など普通のことだが、この頃の作曲家は後の作曲家ほどしっかりと強弱記号を書き込むことなどなかったので珍しいことなのだ。 ではなぜこの曲はこんなに人気なのか。まず1つは、この曲の持つ「それほど色濃くないイタリア風」という要素を挙げることができるだろう。