bokunoongaku.com
ロドリーゴ アンダルシア協奏曲:名演ライブ求む | ボクノオンガク
ロドリーゴ アンダルシア協奏曲 スペインの作曲家ロドリーゴ(1901-1999)の最も有名な作品は言うまでもなくギターとオーケストラのための「アランフェス協奏曲」(1939年)だが、似たようなギターのための協奏的作品は多く、アランフェス協奏曲の成功を皮切りに、ギターと管弦楽のための「ある貴紳のための幻想曲」(1954年) 、4台のギターと管弦楽のための「アンダルシア協奏曲」(1967年)、2台のギターと管弦楽のための「マドリガル協奏曲」(1968年)と、ギター協奏曲の大家である。 どれも魅力的な作品であり、それぞれじっくり語りたい気持ちはあるが、まず取り上げるのは、豪華なことにギター奏者4人をソリストに迎える「アンダルシア協奏曲」だ。 なぜこの曲なのかというと、明るくて良い曲だからだ。なんだか頭の悪そうな理由で申し訳ないが、本当のことだ。いわゆるアンダルシアのイメージ通り、地中海に面し、太陽の日差し眩しく、青い海と白い壁の町並み、本場のフラメンコを横目にシェリー酒を……なんて光景も目に浮かぶ。行ったことないけど。しかし寒い冬に聴くアランフェスの2楽章はちょっと凍える。このくらい温かさのある曲が良いのだ。真夏にシベリウスを聞きたくなるのと同じように。 アンダルシア地方の民謡を直接引用しているわけではないものの、ロドリーゴはリズムや曲全体の雰囲気において民謡を下敷きにしており、そのおかげで誰にとっても聴きやすい曲になっている。また、ギターという楽器は元々音量の都合でオーケストラと合わせるのが難しいと言われるが、それも4本であれば音量という弱点はぐっと補強される。音の厚みもまたこの曲の明るい雰囲気を演出する手助けをしている。 ロドリーゴは様々な名ギタリストからの依頼で協奏曲を作っており、このアンダルシア協奏曲はスペインのギターの名門、セレドニオ・ロメロとその息子たち(アンヘル、セリン、ペペ)の4人でロメロ・ギター四重奏団として活動する、ロメロ一家からの依頼で作曲された。 実に明朗な音楽であまり深刻に捉えることもないが、実演しようと思ったらこれはなかなか深刻な話だ。なにせギタリスト4名が必要になる。普通のアマチュア楽団であれば4人呼ぶのは大変だし、むしろ1人呼べば出来る超名曲がロドリーゴには既にあるわけで、そう安々とチョイスされない。