blog.philosophia-style.com
なぜあなたの思考は現実化しないのか
ども、杉野です。 「思考は現実化する」という有名な言葉があります。 ナポレオン・ヒルだったか誰だったか忘れましたが、そんな人の言葉です。 成功哲学や自己啓発にハマってしまっている人の中には、これを信じて毎日寝る前に1時間ぐらい「私は成功できる、私は成功できる、私は・・・」と唱えている人がいるワケですが、お恥ずかしながら、僕も一時的に唱えていたことがあります。 1日5分を3日間(笑)。当たり前ですが現実化はしませんでした。 さすがに3日じゃ無理だろ、と思うかもしれませんが、実はこれはそういう単純な話ではないんです。 1日何分唱えないといけないとか、毎日唱え続けないといけないとか、そういうのは効果の有無以前に「思考は現実化する」とはまったく関係がありません。 詳しいことは後から話しますが、とにかく、そういう念仏には効果はありませんので、そんなことをやっている暇があるなら、もっと他の努力をして下さい。 その方が絶対に有益ですから。 ■勝手な解釈 そもそも「思考は現実化する」とは、一般に考えられているような「考えたことは実際に起こる」というアホな意味ではありません。 ましてや「ポジティブ思考は世界を救う」みたいなイタイ意味でもありません。 今挙げたのは僕らの"勝手な解釈"であって、正確な意味とは違います。 例えば「この魚を下さい」というセリフを考えてみましょう。 僕らがこのセリフを読んで普通に想像するのは、主婦が魚屋さんで特定の魚を指して「この魚を下さい」と言っている場面だと思います。 人によっては料亭の料理人が市場に魚を仕入れにきたところを想像するかもしれませんし、もっと他の場面が浮かんだかもしれません。 この時点で2通り以上の解釈が出てきたワケですが、僕はもっと違う場面を想定して今のセリフを書きました。 B'zの稲葉さんがテレビCMで「この魚を下さい」と、消臭力ばりの熱唱でシャウトしている。そういう場面です。 これは敢えて極端な例にしましたが、そこに明確な文脈が設定されていなければ、僕らは"勝手に"自分で文脈を設定して、勝手な解釈をしてしまいます。 こうして僕の意図した稲葉さんは、あなたの勝手な解釈によって消え去っていくのです。 グッドラック、稲葉さん。 ■「思考は現実化する」の誤解