blog.philosophia-style.com
「とりあえずやってみる」ができない人たちへ
ども、杉野です。 あれは数日前のことです。 病院の帰りにたまたま地元の本屋へ寄ったら、ぜんぜん卑猥じゃないコーナーに明らかに卑猥なタイトルの雑誌が置いてあったので、これはけしからんと思って青少年の健全な育成のために仕方なく、あくまでも仕方なく周りの目を警戒しつつその雑誌を手に取って確認してみたら、そこで意外な、というより今まで見過ごしていた発見がありました。 僕がたまたま開いたページには「BL喫茶」の文字が。 なんじゃそれ、と思って読むと、何やら都会にはボーイズラブ好きの、もとい、エロい女子の集まる カフェがあるとのこと。 しかもそこは個室ではないので(中略)そこから出てきた子はムラムラしてる可能性が高い。 そういう子をナンパすれば一発なんじゃないか。 ということで「BL喫茶から出てきた子をナンパしたらヤれるのか」みたいなレポートが載っていたワケなんですが、これって普通に読んだら 「よくそこまで考えるよなー」 という感想で終わると思います。 女性は、まあ引くでしょうね(苦笑) でもそういう個人的な感情を横にどけて、彼らの思考や行動を眺めてみると、実は凄く理にかなった 無駄のないことをしていることが分かります。 ■ゲスい奴の見習うべきところ まず彼らは、どこで勝負をすれば目的を達成できる確率が高いのか、というのを事前に考えています。 この時点でまずほとんどの人は彼らの足元にも及びません。 屈辱的ですね(笑) 次に彼らは(一般的に考えて)かなりの量、声をかけています。 とにかくカフェから出てきた女の子に片っ端から声をかけて20人ぐらいにLINEのIDを渡している。 これは僕が昨日話したことに繋がります。 彼らはとにかくヤレればいいので1人の女の子に執着しない(特別視しない)ワケです。 そして何より重要なのはダメ元やってみているということ。 彼らのようなエロいことに情熱(?)を注ぐ奴らというのは、とりあえず思いついた戦法を試してみるんです。 この行動力ですよ、見習うべきは。 ■杉野の失敗集 僕が最近気付いたのはこの「とりあえずやってみる」がほとんどの人にはできないんだな、ということです。 僕はあんまり大胆な行動はできませんが、結構こまめにいろんなことをやっています。