blog.philosophia-style.com
最強の組織の作り方
今回は最強の組織(主に会社)を作る方法をお話しします。 まずは定義の確認から。 最強の組織とは、意志決定が素早く的確で、結果を出せる 組織のことです。 そういう組織を作るには 1.少数精鋭であること 2.優れたリーダーがいること の2つの条件を満たす必要があります(が、逆に言えば たったこれだけで最強の組織が作れてしまいます)。 まず少数精鋭であることの利点は、社内における情報格差が ほぼゼロになることと、個々の意見が部署の考え方などに 影響されずに言えることです。 人数が増えるとどうしても、Aさんは知ってるけど Bさんは知らない、といった情報格差が広がっていきますが、 3人から5人程度の会社であれば、各人の情報格差が 会社の命取りになるので、自然と情報共有は密になるし、 早急に共有されます。 3人しかいない会社で、Aさんしか知らないことが 山ほどあったりしたら、シャレにならないですからね。 また人数の多い会社では総務や営業などの部署があるのが 普通ですが、部署ができてしまうと個人の意見ではなく、 「総務部としての意見」や「営業としての意見」に意見が 偏ってしまいかちです。 自分は個人的にAをした方がいいとは思ってるんだけど、 総務部全体の利益を考えるとBと言っておいた方がいい、 みたいなことが起こるようになるワケです。 そうなると、社員の多くが自分にウソをつくことになり、 それが積もり積もって・・・。 さらに派閥なんかができちゃうと、派閥の意見にも 従いながら働かないといけなくなるので、多くの人は 会社のための意見を言うのではなく、保身のための意見を 言うようになっていきます。 そうやって組織は内部崩壊していくワケです。 実は今言ったことは200年以上前にルソーが指摘しています。 彼の言葉を『社会契約論』から引用してみましょう。 「人民が十分に情報をもって審議するとき、もし市民がお互いに 意志を少しも伝え合わないなら(徒党を組むことがなければ)、 わずかの相違がたくさん集まって、つねに一般意志が結果し、 その決議は良いものであるだろう」 ほら、 (1).人民が十分に情報をもっていること (2).徒党を組まないこと っていう条件がちゃんと出てきてるでしょ? 彼の場合は国という巨大組織(集団)の運営を考えていましたが、