blog.philosophia-style.com
人生の目的と無駄の関係
前回の続編です。 前回は無駄を無駄じゃなくするためには意志と目的が 必要だという話でした。 なんとなくじゃなくて、「やるぞ!」と決めてやる。 そして、ただやるんじゃなくて、何のためのそれを やるのかを決めてやる。 これによっていかなる行為も無駄じゃなくなる、 つまり自分の身になるということです。 自分の身になるとは、自分を創造していくことであり、 自分を完成させていくことです。 僕ら人間はそのために生きていると言っても過言では ありません。 これは人類共通の普遍的な目的であるにもかかわらず、 ほとんどの人は「目的なく」生きています。 目的なくお金を稼ぎ、目的なく旅行をし、 目的なく家庭を築き、目的なく死んでいく。 ここで言う「目的なく」とは、目的を見失っている、 より厳密には、合理的で欲望的な目的ばかり見て、 存在論的な目的を見失っているということです。 存在論的な、なんて言葉を使うと難しく見えて しまいますが、要は以前話した「どう在りたいか」、 「どう在るために生きるのか」が見えていない、 という意味です。 僕らの普遍的な目的は、この「あり方」にあります。 あり方というのは、今この瞬間この場所において 自分はどうあるか、どうありたいかということです。 言ってしまえば、そのときその瞬間の目的が あり方です。 僕は今メルマガを書く自分でありたいと思っています。 そうあるためにメルマガを書いていると言っても いいでしょう。 しかし次の瞬間には朝食を食べたくなっているかも しれないし、そのときにはそれを我慢せずに食べる 自分でありたいと思っているかもしれません。 こうやってあり方は常に変化します。 より深い次元ではある程度固定されたあり方も あったりするんですが、その話はとりあえず 置いておきましょう。 この常に変化するあり方を捉えようと意識すること。 ありたい自分であるために感じ、考え、行動する という前提で生きること。 それが、「今」が身になるか否かを決めるのです。 あなたは僕のメルマガを読む自分でありたい でしょうか? 僕のメルマガを読んだあと、どういう感想を抱き、 どういう行動を起こす自分でありたいでしょうか? その答えを踏まえた上で読まなければ、 僕がどんなにいい話をしても 「今日もいい話だったなぁ」で終わりです。