blog.philosophia-style.com
世界の未来予想図 ~30年後のために~
ども、杉野です。 今僕の手元には『エクサスケールの衝撃』という分厚い本があります。 名前からは中身は想像できないと思いますが、この本にはスーパーコンピュータの性能の向上によって、約30年後の世界がどんなことになるのかが書かれています。 僕ら凡人は往々にして自分の見たいものしか見ていません。 それゆえ、その見たいものだけから想像した未来というのは、 年金制度の崩壊 日本は沈没する お金(紙幣)がなくなる 翻訳の精度が劇的に向上する 自動運転が当たり前になる 一家に一台ドローン みたいな、非常にスケールの小さいものになりがちです。 それは確かにそうなるのかもしれないですが、そんなことは未来に起こりうることのほんの一部分であって、僕らが知っている範囲の未来でしかありません。 つまり、僕らが未来に対して抱く希望や絶望は実は「大したことじゃない」ということです。 なぜそう言えるのかは、ここからの話で分かります。 ■スーパーコンピューターは何に使われているのか まずスーパーコンピュータ(以下スパコン)と僕らの生活の関係について考えてみましょう。 僕らにとってスパコンから得られる最も身近な恩恵は天気予報だと思います。 スパコンの性能が上がるにつれて、予測できる天気の精度が上がり、天気予報が当たる確率も上がる。 これは分かりやすいですよね。 しかし、スパコンは別に天気だけを計算しているワケではありません。 もちろん天気や気候変動を計算して未来をシミュレーションすることはスパコンの重要な役割ではありますが、スパコンとは要は非常に高性能なコンピュータですから数字にできるものは何でも計算できるし、何でもシミュレーションできるんです。 スパコンが他に何に使われているかというと、遺伝子組み換え食品の開発や新薬の開発、原子炉の設計、太陽光パネルの設計、そして次世代スパコンの開発などです。 これらの開発や設計はスパコンの性能が上がっていけば、それだけスピードも早くなっていきます。 今まで新しい薬を作るのに5年10年かかっていたものが、スパコンの性能次第では数か月、下手をしたら数日で作れるようになる。 太陽光パネルだって、今は変換効率が46%程度のものが最高ですが、これが95%とか98%とかになれば、電気料金は劇的に安くなるワケです。