blog.philosophia-style.com
自分を知るためのリサーチ
これまでは他者や世界をリサーチすることを前提に 話してきましたが、リサーチ能力は自分を知る際にも使います。 自己分析とは、自分をリサーチすることです。 例えば適職診断ってありますよね? 僕も学生時代に150個ぐらいの質問に答える適職診断を 受けたことがありますが、あれもリサーチの1つです。 心理テストなんてのもそうですね。 あとは西洋占星術や四柱推命、タロット、数秘術などの占いも その1つだと思います。 実際に占ってもらったり、その手の本を読んだりして 「当たってるー!」と思った経験は誰しもあるでしょう。 僕の場合であれば、以前行った占いで「Going my way」だとか、 「自分の好きなことをやっていれば周りが喜んでくれる」だとか、 「AとBを繋ぐ巫女的な役割」ということを言われました。 それはまさに今僕がやっていることをそのまま言い表している ワケですが、これを知っているから今も安心してその道を 進んで行ける、というのがあります。 もし知らなかったとしたら、いつまでも「本当に自分はこれで いいんだろうか・・・」みたいになっていたと思うし、 不安になったときに何を基準に判断すればいいか分かりません。 恥ずかしいのであんまりこういうことは言いたくないんですが、 僕もたまにノートに書いた占い結果を見返して「これでいいんだ」と 自分に言い聞かせることがあります。 師匠の教えにせよ、占いにせよ、そういう返るべき原点があるのは、 凄く心の支えになるし、自信にもなります。 自分を知っているということは、返るべき「俺の中の絶対」を 知っているということであり、それを知るためにわれわれは 自分をリサーチしておく必要があるのです。 人生が上手くいかなくなる原因は実のところ1つしかありません。 それは「自分を見失う」ということです。 どんな状況においても自分を見失わずにいられる人は本当に強い。 なぜならそういう人は目の前のことや結果に振り回されない からです。 自分を見失うとは、自分にピッタリ合ったレールから自分から 外れていくということであり、言い換えれば、自分ではない 誰かになろうとすることです。 僕の占いで言えば、僕が雑誌のライターになるのは明らかに 僕ではない誰かになる道です。 僕は自分が書きたいことを書いていないと僕ではないので (Going my