blog.philosophia-style.com
リサーチ能力は何の役に立つのか
ここまでの話でリサーチ能力、つまり観察力と分析力が コミュニケーションにおいていかに重要かということは 分かってもらえたと思います。 ただリサーチがコミュニケーションにしか役立たないのか というと、まったくそんなことはありません。 例えば未来を予測するというのもリサーチ能力の1つです。 いつだったか、僕は「日本の経済が潰れるのは時間の問題だ」 というようなことをメルマガで言ったことがあります。 あのときの僕は今日銀で起こっていることを観察・分析して あの結論に至ったワケですが、あれも一種のリサーチです。 そこまでお堅い話じゃなくても、自動運転の自動車が 登場したことで今後バスやタクシーや鉄道などの業界が 衰退していくであろうことは誰にだって分かると思います。 これも立派な推論なんですよ。 これをいろんな場面に当てはめて緻密にやっていけば、 他の人には見えていない未来が見えてくるということです。 言うまでもないと思いますが、未来が予測できるということは 今後どういった問題が起こり、人々がどういう欲求や不安を 持つようになるのかが分かるようになるワケですから、 「今のうちに何を準備しておくべきか」も分かるようになります。 今ではもう有名になりすぎてしまったスタンフォード大学の 「20年後には今の仕事の半分はロボットがやるようになる」 という研究結果だけでも、何を準備しておくべきなのかは ある程度分かりますよね? より詳しいことを知ろうと思えばもっと緻密なリサーチが必要に なってきますが、未来が分かれば「今」の自分がやってることの 正解・不正解が見えてくるワケです。 恋愛でも、そっち方面のリサーチ能力が堪能あれば 告白する前にOKがもらえるか否かは9割ぐらいの確率で 分かります。 恋愛のプロたちはみんな言ってますが、告白っていうのは 単なる確認なんですよ。 一か八かで告白するのはリサーチするという発想がない人、 ギャンブルで恋愛を捉えている人だけです。 就活で企業を選ぶときも、未来が予測できていれば どういう業界や企業に未来があるかは分かります。 今であれば人工知能、ロボット、VR、脳科学、医療、微生物、 環境保護、宇宙開発、言語翻訳、素粒子物理学、遺伝子工学、 農業(食料)などに関わる業界が将来有望であることは 大体分かりますよね?