blog.philosophia-style.com
モテるためのポジショニング戦略
人間がどうしても手に入れたくなるものとは何か。 それは今の自分では手が届かないと思っているものです。 宝くじやブランド品を多くの人が手に入れようとするのは、 大金やブランド品は自分から遠く離れた存在だと 思っているからに他なりません。 これは人間でも同じで、われわれは簡単に手が届くと思う 相手をわざわざ手に入れようとはしません。 就活なんかが一番分かりやすいですが、優秀な生徒は どの企業も手が届きにくい(手に入れにくい)と思うので 必死になって手に入れようとします。 一方で凡庸な生徒は山ほどいるので、簡単に手が届くと 思われてしまって企業からは相手にされない。 男性であれば、可愛い子にはへこへこするけども、 そうでない子には冷たい、みたいなことってありますよね。 これらの態度はすべて相手を手の届く存在だと思っているか、 手の届かない存在だと思っているかで決まってきます。 多くの男性は可愛い子ほど手が届かないと思う傾向がある ということです。 このある種の上下関係を築くことをポジショニングと呼ぶ ワケですが、モテるとは、このポジションを相手よりも上に 持っていくこと、つまり相手から 「(手に入れたいけど)この人には手が届かない」 と思ってもらうことを指します。 これに成功すれば、その後の関係はあなたの 思うがままです(笑) 相手よりも自分のポジションを上に持っていくためには、 自分が上であるということをコミュニケーションの中で 相手に示していく必要があります。 そのために重要になるのが前回も話したリサーチです。 ポジションが上であるとは、自分が相手をリードする、 もしくはエスコートする立場に立っているということです。 これはゲーム制作者とゲームプレイヤーで喩えると 分かりやすいかもしれません。 あなたが相手よりもポジションを上に取ろうと思うなら、 あなたがゲーム制作者となってプレイヤー(相手)が 楽しめるゲームを作ってあげなければなりません。 アクションゲームが好きなのか、それともRPGが好きなのか。 そういったザックリした情報から、どういうストーリーに 感動するのか、難易度はどれぐらいがいいのか、登場キャラは どんな性格にしたらいいのか・・・などなどの情報を集めて 相手が楽しめるゲーム(場)を作ってあげるのがゲーム制作者の 仕事です。