blog.philosophia-style.com
最低限の生活と最大限の生
ども、杉野です。 僕らが生きていくには最低限の水と食料、着るもの、住むところ及びそれらを手に入れるためのお金が必要です。 この最低限の条件が満たせれば、僕らは取り敢えず生活することができます。 今の日本でこの最低限の生活を維持するには、住んでいる地域にもよりますが、多分月6~7万円程度のお金は必要でしょう。 家賃が月3万円の四畳半の安アパートに住み、光熱費は月3000円に抑え、すべて自炊して食費は月2万円、年金は免除してもらい健康保険に1万円ぐらい使って、残りは雑費。 本当に最低限の生活です。 この家賃で住めるアパートがあることを考慮すると、地域の時給相場は700円ぐらいがいいところでしょう。 時給700円で月6万円稼ぐには約85時間働く必要があります。1日8時間働くとしたら、大体月に11日働けば余裕ですね。 仮に家にインターネットを引いていて、月々6千円多めに費用がかかったとしても、働く日数が1日増える程度。 この労働時間は日本人なら誰もが羨むヨーロッパ諸国の労働基準より少ないです。 これだけ労働が少なければ、休みの日に好きなだけ好きなことができます。 図書館に行って本を読んだり、自転車に乗ってサイクリングしたり、散歩して花や鳥を観察したり、一人でボーっと思索にふけったり、友人と一緒にご飯を食べたり、インターネットに熱中したり・・・。 ショッピングや外食やドライブや旅行などお金のかかる遊びはほぼ出来ませんが、大よそそれ以外の欲求は満たすことができます。 1ヶ月を30日とすると、そのうち18日、いや、働いているのも1日8時間ですから、働く時間帯によってはほぼ毎日をこうやって暮らすことができるワケですが、この最低限の暮らしは苦しい生活なのでしょうか? 確かに生活費と収入のバランスは普通の感覚からすればカツカツかもしれません。 この状況で病気になったりしたら、生活はかなりヤバイことになるでしょう。 ですが、もしこの生活が3ヶ月限定だったら、ということを考えてみて下さい。 3ヶ月だけこういった生活をして、その3ヶ月のあり余る時間を使って新たな収入源を得たとしたら、どうでしょう? この自由な生活で3ヶ月間健康を維持するのは、それほど苦しいことでしょうか? 3ヶ月が無茶なら1ヶ月でも構いません。