blog.philosophia-style.com
なぜ継続は難しいのか
最近僕は周りの人からよく 「なんでそんなに継続できるんですか?」 と聞かれます。 僕は何も意識せずにただ好きなことをやってるだけなんですが、 その長さ(?)が普通の人とはちょっと違うようです。 とは言っても、もちろん僕だって3日坊主的なことは 沢山あります。 ゲーデル関係の本は読んで3秒で諦めたし(笑) 言語学の勉強も2日ぐらいで挫折しました。 「んんー、意味分からん」って。 ただ、続くものは結構長く続いているものも多く、 それが他の人から見たときに「よく続くなぁ」 という風に見えるのかなー、と。 例えば哲学。 かれこれハマり出して3年ぐらい経ちますが 未だに飽きずにずーっと続けてます。 例えば勉強(哲学と勉強は区別しときます)。 これも好きになってから飽きることなく続けてて 最近では宇宙論とか細胞学にも手を出す始末。 飽きるどころか加速してます。 例えば筋トレ。 かれこれ筋トレも1年ぐらい続けてますが、 全然やめたくならないし、むしろやらないと 不安になる状態です。 例えば体型維持(ダイエット?)。 高校時代から全然体型は変わってないし、 変わらないようにするための努力(?)も サボったことはありません。 でも、ここで間違って欲しくないのは、 【僕は決して努力家ではない】 ってことです。 こうやって書くと謙遜だと思うかもしれませんが、 これは謙遜でも何でもありません。 マジです。 僕はいつでも気の向くままに動いてるだけなんで。 「じゃあどれも好きだから続けられるんでしょ?」 というのも少し違います。 だって体型維持は別に好きでやってるワケじゃないですから。 いくら食っても太らないなら僕は多分食い続けます(笑) だったらどうして僕はいろんなことを自然に継続できるのか。 それは 【やらないと不安だから】 です。 さて、ここで少し心理学の話にお付き合い下さい。 人間はどういうときに行動するのか。 この答えは既に出ていて、人間は【苦痛を減らすため】か 【快楽を増やすため】という理由でしか行動しません。 これは行動心理学の最も基本となる考えで、 実際僕らはそうやって毎日を過ごしてます。 歯を磨いたり学校に行ったりパンを食べたりするのも、 全部【苦痛を減らす】か【快楽を増やす】のいずれかの 目的のために行っていることなんですね。