blog.passion55.com
なぜベッテルは自滅したのか? 日本GP観戦記
さて日本GPでもフェラーリとベッテルが自滅したと言われているが、果たして彼らは何も考えずに失敗をしたのでしょうか。 まずは金曜日のフリー走行から振り返ってみよう。フリー走行2回目のトップタイムはハミルトンで2位のボッタスに0.4秒差、3位のベッテルにはなんと0.8秒もの大差をつけた。フリー走行はまだ練習走行なのでこのタイム差が持つ意味はいろいろ解釈できるのですが、いくら練習走行とはいえフェラーリに大きなトラブルがあったわけでもないのにこの大差は、フェラーリ陣営に大きな衝撃だったでしょう。 もちろん金曜日はダメでも、土曜日にセッティングを変えて逆転することもあります。でもFP3でもハミルトンはトップ。ベッテルは0.2秒差の2位でした。 この時点でフェラーリ陣営は予選でハミルトンに勝つのはかなり難しい事くらいわかったでしょう。しかも彼らはこのレースで一番硬いミディアムをたったの1セットしか持ち込んでいませんでした。そのかわり1番柔らかいスーパーソフトを他より多く持ち込んでいました。ミディアムが1セットしかないのであれば、フリー走行で走ってタイヤのたれ具合を確認することができません。 つまりフェラーリはこれまでもそうでしてが、予選でポールを取り、そのまま逃げ切るという作戦しか考えていませんでした。 となればどうしてもポールポジションをとらなければなりません。その考えが予選Q3で小雨が降り出した時にフェラーリがいち早くインターミディエイトタイヤを履いて出てきた背景にあります。 もしそのまま雨が強くなれば、最初にインターミディエイトを履いてアタックしたフェラーリはフロントロウを独占できたでしょう。 ただその時のコンデションはまだインターミディエイトでは早すぎました。結局フェラーリの二台はアタックすることなくピットに戻り、ドライタイヤに履き替えて再度アタックに行きます。 この時点ではまだフェラーリには巻き返すチャンスはありました。しかしベッテルもライコネンも最初のアタックでミスをしてタイムを大きくロス。ライコネンは4位、ベッテルは9位に沈みます。 絶対絶命のベッテルでしてたが、さすがは4度の世界王者。スタートで二台抜き、オープニングラップが終わる時には5位浮上します。しかもその後、前を走るフェルスタッペンとライコネンが接触し、ベッテルは難なくライコネンをパスして、この接触で5